パン粉 漬物

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

パン粉で漬ける簡単漬け物

読了までの目安時間:約 4分

 

パン粉 漬物

パン粉を使って簡単に作れる
漬物の作り方をご紹介します!



パン粉で漬物ができる理由


糠漬けは、


浸透圧によって、塩と野菜の中の水分が交換されて
野菜に塩味が付くことと、


野菜に自然についている乳酸菌が、
糠床の、米ぬかの糖分で発酵してできるものですが、


パン粉で漬ける漬物でも
パン粉と、漬け床に加える砂糖の
糖分で、乳酸菌の発酵が起こり、漬物ができるのです。


パン粉 漬物

パン粉を使った浅漬けの作り方


【材料】

※野菜とパン粉の量は
これを目安にして、
加減してください。


  • 野菜 きゅうりの場合で5、6本

  • パン粉 大さじ4g

  • 塩 大さじ1

  • 砂糖 大さじ4



【作り方】

1.大きなジッパー付き保存袋(なければポリ袋でもよい)
にパン粉、塩、砂糖を入れて、
よく振って混ぜます。


2.きゅうりなどの野菜を洗ってよく水気をふき取ります。
きゅうりの場合は、塩ひとつまみ(分量外)をまぶし、
まな板の上で押しつけるように転がして板ずりします。



3.きゅうりを1の袋に入れて
全体にパン粉が付くようにもみこみます。


4.保存袋の口をとじて常温で3時間置きます。
食べる時間がそれより後になる場合は、
3時間経ったら冷蔵庫に入れます。


5.きゅうりを袋から取り出し、
パン粉を洗い流して、適当な大きさに切って
盛り付けます。


※野菜の大きさや室温によって
適当な漬け時間は変わります。


漬け時間をより短くするには?


きゅうりを板ずりするのは、
皮に塩で細かい傷をつけて
漬かりやすくするためですが、


できるだけ早く食べたいときには、
きゅうりの皮を、包丁でまだらに剥いてください。


それでも常温で3時間くらいは置いた方が
塩味だけではない発酵による風味が
加わります。


パン粉で漬ける漬物の注意点


パン粉の漬け床は、一度漬けたら
野菜から出た水分で、


雑菌が繁殖したりカビが生えたりする
リスクがあるので、
同じ漬け床を何度も使うことはできません。



漬けるときには毎回新しい漬け床を使ってください。


(ジッパー付き保存袋やポリ袋を使うのは
漬け床の処分が簡単だから、ということもあります)



スポンサードリンク



パン粉で漬ける簡単漬け物 まとめ


パン粉漬けは、
ぬか床に数日以上漬けて強い酸味が出た
古漬けのようなうまみ、風味を出すことはできませんが、


夏場にぴったりの、
サラダ感覚で食べられる
浅漬けが手軽にできます。


特売できゅうりを安く売っていた時や
家庭菜園でたくさん採れた時など、


漬け床の量を増やして、
たっぷり漬けてもいいですね。


試してみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント