パプリカ 色 栄養

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

パプリカって色で栄養が違うの?効果を引き出す食べ方は?

読了までの目安時間:約 4分

 

パプリカ 色 栄養

赤、黄色、オレンジなどがあるパプリカですが、
色によって栄養の違いはあるのでしょうか?
また、栄養分を丸ごと摂れる食べ方のコツは?



パプリカってどんな野菜?


パプリカは、普通のピーマンよりも大型で肉厚の
ベル型ピーマンのこと。



トウガラシの仲間ですが、
唐辛子の辛味であるカプサイシンは、


最も多く含んでいる赤いパプリカでも
唐辛子ほど多くないので、


辛味はありません。


ピーマンよりも青臭さや苦味が少なく
甘さがあるので、


子どもや、ピーマンがあまり好きではない人も
パプリカは食べられる、ということがありますね。

パプリカ 色 栄養

パプリカの栄養


パプリカは、


βカロテン、ビタミンC、
ビタミンE、ルテインなど、


抗酸化作用があるファイトケミカルや
ビタミン類を多く含んでいます。


色による栄養の違いは?


パプリカでよく見かける色は
赤、黄色、オレンジの3色。


また、あまり見かけませんが
緑色、白、紫、茶色のパプリカも
あるそうです。


緑色は、他の色のパプリカの早取りです。


パプリカは、赤や黄色の鮮やかな色合いを料理に生かすことが多いので、
緑のパプリカは、あまり一般には出まわっていないかも。


では、色によって栄養の違いはあるのでしょうか?


一般に手に入れやすい
赤、オレンジ、黄色で比べると、


赤いパプリカは、
抗酸化作用があるβカロテンを、
緑のピーマンの11倍含んでいます。



また、パプリカの赤い色は
唐辛子と同じカプサイシンですが、
量は唐辛子よりも少なく辛さがほとんど感じません。


カプサイシンには、抗酸化作用や代謝をアップする作用が
あります。


黄色のパプリカは、
緑のパプリカよりも多くのビタミンCを含んでいます。
ベータカロチンの量は赤パプリカよりも少なくなります。


オレンジ色のパプリカは、
色の通り、黄色と赤の間で、


βカロテンやビタミンCの量は黄色よりも多く、
赤よりは少ない、


また、赤よりは少ないですが、
カプサイシンも含んでいます。


「抗酸化作用」を目的に
3つの色の中から選ぶのであれば、
赤パプリカがいい、ということになりますね。


栄養分をまるごと摂れる食べ方


パプリカに含まれるβカロテン、
ビタミンC、カプサイシンなどは
加熱しても壊れにくく


油と一緒に加熱して食べることで
吸収が良くなります。


加熱した時に出る汁も逃さずに食べられるように、
カレーやスープに入れたり、


煮びたしにして煮汁こと食べるのが
おすすめです。


煮びたしの場合も、仕上げに胡麻油を数滴たらすなど、
油を使うと、βカロテンやビタミンEの吸収がよくなります。


スポンサードリンク




パプリカって色で栄養が違うの?効果を引き出す食べ方は? まとめ


パプリカには、
めったに売っていない白や紫まで合わせると
8種類もの色があるんですね。


中でも抗酸化作用のある栄養素を
多く含むのは「赤」。


パプリカは薄くスライスして生のままでも食べられますが、
加熱調理、特に油を使って調理すると
抗酸化作用のある栄養素の吸収が良くなります。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント