ナス 保存方法

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ナスは冷蔵庫に入れてはいけない?冷凍保存できるの?

読了までの目安時間:約 4分

 

ナス 保存方法

代表的な夏野菜、ナス。
家庭菜園でたくさん採れた場合や、
山盛りで売っていたときなど、


たくさんのナスが手に入った時の
上手な保存方法をご紹介します!




ナスは冷蔵庫に入れてはいけない?


ナスは、実は冷蔵庫に入れて保存してはいけない、
と聞いたことはないですか?


ナスは冷たくしすぎると
中の種や果肉がが黒くなる、
低温障害を起こします。


冷蔵庫の冷蔵室の温度は、
だいたい、2~6℃くらいで、
特に、低い温度に設定している場合など、


ポリ袋に入れただけのナスを冷蔵室に入れると
低温障害を起こしやすいのです。


では、常温に置いておけばよいか、というと、
新聞紙に包んで水分の蒸発を防いでも、
常温で保存しておけるのは2日程度です。


買ったその日にすぐに食べない茄子は、


水分の感想を防ぐために
新聞紙で包んでからポリ袋に入れて、
冷蔵庫の野菜室に入れます。


野菜室の方が、冷蔵室よりも温度が高めだからです。


野菜室に入れた場合でだいたい1週間程度
保存できます。


冷凍保存はできるの?


ナスは冷凍保存ができます。


生のまま冷凍して、一ヶ月くらい
保存することができます。


ただし、丸ごと冷凍することはできません。


冷凍保存するときの手順は、


1.使う料理に合わせた大きさと形にナスを切ります。


2.ボウルに水を張って切ったナスを入れて、
10分間おいてアク抜きをします。


3.ざるにあげて、さらにキッチンペーパーで
水気をよくふき取ります。


4.できるだけ平らな形で
重なり合わないようにして、
1回に使う分ずつラップに包み、


ジッパー付き冷凍保存袋に入れて空気を抜いて
ジッパーを閉めます。


5.できれば、アルミやステンレスのような金属のバットに
4のナスを並べ、冷凍庫に入れます。


※熱伝導率の高い金属のトレーに置いて
冷蔵庫に入れると急速冷凍できるので、
質の低下を防ぎます。


調理に使う時は、凝ったまま、鍋やフライパンに入れてください。


揚げナスを冷凍する


揚げたナスを冷凍しておくと、
凍ったまま、


めんつゆに浸して揚げ浸しにしたり、
パスタソースに入れたり、


簡単に、揚げナスのコクのある味を
お料理にプラスすることができます。

ナス 保存方法

乱切りにしたナスを
160℃の油で揚げて、クッキングペーパーの上に取って
油を切ります。


金属性のトレーに、オーブンペーパーを敷いて
その上に油を切った揚げ茄子を並べ、
そのまあm冷凍庫に入れて凍らせます。


凍ったら、ジッパー付き冷凍保存袋や、
冷凍庫対応の保存容器に入れておきます。


保存期間は2週間程度です。



スポンサードリンク




ナスは冷蔵庫に入れてはいけない?冷凍保存できるの? まとめ


ナスは冷やし過ぎると低温障害を起こしますが、
夏の室温では2日程度しか持ちませんので、


冷蔵室よりも温度が高い
野菜室に入れて保存し、1週間程度持たせることができます。


さらに長期間保存するには、
生のままカットして冷凍します。
調理に使うときには凍ったままでOKです。


揚げナスを冷凍すると
すぐに調理に使えますが、


油が参加しやすいので、
保存期間は2週間程度です。



スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント