黒ゴマ 寒天プリン

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ダイエット中のデザートにも・黒ゴマ寒天プリンの作り方

読了までの目安時間:約 4分

 

黒ゴマ寒天プリンの作り方

主な材料は、黒ゴマ、粉寒天、牛乳、砂糖のみ。
簡単に作れて、低カロリーな黒ゴマ寒天プリンの作り方を
ご紹介します。



黒ゴマ寒天プリンの作り方


【材料】

2個分

  • 牛乳 350ml

  • 黒ゴマ(すりゴマ) 大さじ2

  • 粉寒天 1.5g

  • 砂糖 大さじ2.5

  • 水 50ml


粉寒天の量は少なめになっています。
しっかりした食感が好きな場合は少し増やしてください。


【作り方】

1.鍋に牛乳、水、粉寒天を入れて弱火にかけます。
かき混ぜながら加熱します。


2.鍋のフチから、ふつふつとしてきたら
ごく弱火にして、2分間沸騰させて
黒ゴマ、砂糖を入れて混ぜます。


※寒天は完全に溶けないとうまく固まりません。
鍋の中身が噴かないように注意しながら、沸騰した状態にしてください。


3.火を止め、器に注いで、
粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やし固めます。

黒ゴマ寒天プリンの作り方

黒ゴマ寒天プリンのアレンジ


・甘みを「ラカント」に変える
ラカントは、「羅漢果」の実から抽出した、カロリー0の甘味料です。
またラカントに含まれる糖質のほとんどがエリスリトールで、
体内では利用されるに排出されます。



甘みをラカントにする場合は
牛乳360mlに対して、ラカント大さじ2を目安にしてください。


・牛乳を豆乳に変える
作り方は牛乳の場合と同じです。
豆乳に含まれる大豆たんぱく質、イソフラボンなどをとることができます。


・黒豆をトッピングする
おせち料理で残った黒豆をトッピングしても合います。
黒豆の煮汁がシロップ代わりになるので、プリン自体の甘みは少し控えてもいいですね。


黒ゴマの栄養


ゴマの栄養分の主なものは脂質です。
ゴマに含まれている脂質は、リノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸で、
リノール酸には、血液をサラサラにする効果、
オレイン酸には、悪玉コレステロールを減らしたり、お通じをよくする効果があるとされています。


脂質以外のゴマの栄養成分は、ビタミンB群、食物繊維、カルシウム、鉄分、
抗酸化作用があるビタミンEとゴマリグナン(セサミンなど)です。


ゴマに含まれる栄養は、ゴマを「粒」で食べると、なかなか吸収できませんが、
すりゴマであれば、殻が砕かれていますので栄養分が吸収しやすくなります。



スポンサードリンク



ダイエット中のデザートにも・黒ゴマ寒天プリンの作り方 まとめ


ダイエット中に甘いもの、デザートが食べたくなった時のために
簡単に手作りできるものを知っていると便利ですね。


寒天は水溶性食物繊維が豊富で
カロリー0なので、ダイエット中のスイーツづくりに向いています。


他の料理にも使えるすりごまにしましたが、
練りごまにするとより滑らかな食感になります。






スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント