タコ レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

タウリンと夏野菜パワー!タコの夏野菜ガーリック炒め

読了までの目安時間:約 5分

 

タコ レシピ

from: 小西はるか
@自宅リビング

タウリンが豊富なタコと夏野菜の炒め物の
レシピです。



おはようございます。


気象病、というキーワードでこのブログに来てくださる方もいるのですが、
実験によると、


気温差5度くらいのところを出たり入ったりするだけで
かなりのストレスになって、
自律神経の働きが乱れるのだそうです


どうしても屋内は空調がありますし、
まったく外に出ないわけにはいかないし・・・


そんなことで、気がつかないうちに「夏バテ」ってことになりがちですが、
今日は夏バテ対策にもぴったりの、タコを使った炒め物をご紹介します!


タコの夏野菜ガーリック炒めの作り方


材料

2~3人分

  • 生タコ     200g

  • にんにく    2片

  • オリーブオイル 大匙3

  • ミニトマト   5~7個

  • ズッキーニ   1/2本

  • ハーブソルト  小さじ1と1/2


※ハーブソルトの代わりにエルブドプロヴァンス小さじ1/2と
塩小さじ1でもOKです。


作り方

1.タコを塩でもみ洗いをしてぬめりを取り、
一口大のぶつ切りにします。


今回は生のタコを使います。茹でダコではないのでご注意を。
塩もみすることで臭みが取れ、かつ柔らかい仕上がりになります。


2.ミニトマトはヘタを取っておき、ズッキーニは5mm程度の輪切りにしておきます。


3.フライパンを熱し、弱火でじっくりにんにくスライスを炒めて香りを出します。


4.にんにくの香りが立ったらズッキーニを加え中火で炒めます。


5.ズッキーニに半分ほど火が通ったらタコをフライパンに投入して、さっと炒めます。


6.タコ、ズッキーニに火が通ったらトマトを投入して火をとめます。
ハーブソルトを加え味を全体に絡むようにあおり混ぜます。


今回はトマトの形をキレイに残すため最後に入れていますが、
柔らかいのが好きな方はズッキーニと同時に入れてもOKです。


7.器に盛り完成です。

作り方のポイント


タコを炒める場合は、加熱しすぎるとゴムのように固くなってしまうので、
気をつけて下さい。





グレーがかった色が鮮やかに赤くなればほぼOKですが迷ったら味見するのが一番近道です。
刺身用のタコであれば半生くらいもおいしいですよ。


タウリンと夏野菜パワー!タコの夏野菜ガーリック炒め・まとめ


東京のスーパーマーケットでは、刺身用のタコもほとんどが茹タコで、
生のタコはあまり見ないかもしれません。


魚屋さんで頼んでおいたり、
またデパ地下の魚売り場にはおいていることが多いので、
見かけたら作ってみてください。


せっかくの生タコなので、炒める場合は火を通しすぎないのがコツです。


また、北海道産の「水ダコ」はおいしいのですが、
皮が分厚くて、そのまま調理するとグニグニした食感になってしまいます。


大きな吸盤が2列ありますので、
その両側に切れ目を入れていき、
手でひっぱると皮が取れます。


とった皮は、小さめに切ってあぶったり、
揚げたりして食べられます。


タコには疲労回復に効果のあると言われているタウリンが豊富で、
夏バテのときにもぴったりのレシピです


にんにくが効いているので、おつまみにもなりますし、
たっぷり作ってメインのおかずにもよいです。


ピリ辛がお好きな方はにんにくと一緒に
輪切り唐辛子を1/2本程度加えるとぺペロンチーノ風味になって
おいしいです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント