下鴨半木の道 桜 サザン

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

サザンの新作の舞台?京都下鴨半木(なからぎ)の道のお花見感想は?

読了までの目安時間:約 4分

 

半木の道桜

サザンオールスターズの新曲「「イヤな事だらけの世の中で」の
歌詞の舞台ではないか?と話題になっている
京都市・半木の道の桜、お花見の感想をご紹介します。





昨年まで京都に住んでいた、という方のお話です。


2014年4月半木の道のお花見に行きました


現在、兵庫県に住んでいますが、昨年まで京都に暮らしていました。
自宅から半木の道のある鴨川へは自転車で15分圏内でしたので、
桜の時期はいつも満開めがけていっていました。


今年2015年は離れてしまったのでいけませんでしたが、
昨年(2014年4月)も、もちろん行きました。


行ったのは、仕事が休みである日曜日の早朝です。
たしか朝、6時くらいに行ったと思います。


散歩をしながら、朝焼けとともに桜を楽しもうという魂胆でした。


誰かと一緒というわけではなく、
自分ひとりで心行くまで楽しもうと思って行きました。


早朝でも以外に人が多いです


鴨川はいつも結構人通りがあるんですが、
朝6時、という早い時間ですから、そんなにいないだろう、
という見込みをしていました。


ところが行ってみると、思ったよりもたくさん
人が歩いていてびっくりしたものです。


やはり桜見物というものは、早起きしてでも見に行こうという
私みたいな人が大勢いるものなのだと思いました。


半木の道桜


思い思いに歩いたり、写真を撮ったりしていましたので、
まったく歩けないということはありませんが、


それでもファインダーをのぞくと、
必ず何人も人がはいってしまうほどたくさんいらっしゃったと思います。


ふと対岸を見ると、太極拳をしている集団がいたりして、
意外と朝の鴨川は人気(ひとけ)が多いんだなと思いました。


半木の道の桜の感想


そんな風に朝から人がかなりたくさんいるのですが、
半木の道の桜は本当にきれいです。


前方を見ると桜のトンネルが、
頭の上を見上げるとピンク色の桜が天井のように広がって、
天気のいい日は本当に最高です。


横に流れる鴨川が、ゆったりとした気持ちをさらに高めてくれますし、
少し離れて川べりのベンチから半木の道の桜を眺めても美しいです。


混雑を避けるなら、早朝か夕暮れ、
そして平日のほうが好ましいと思います。


桜の時期、土日に「さくらまつり」が開かれるので、
その時にいかれるのもおすすめです。


その時の人通りはかなり多くて、混雑が予想されますが、
食べ歩きをしながら桜見物も乙なものだと思います。



スポンサードリンク



半木の道の桜の感想・まとめ


半木の道の桜は、ソメイヨシノ・シダレザクラ中心に
約70本、ということですから
ものすごく本数が多いわけではありませんが、


それでもかなりの見ごたえがあり
人気のお花見スポットなんですね。


見ごろは4月上旬から中旬となっています。


「トンネル」になるのは、
ヤエベニシダレザクラの花の咲いた枝が
枝を支える格子を通して垂れ下がっているためです。


半木の道への最寄り駅は地下鉄の北大路駅、または北山駅です


サザンオールスターズの新曲「「イヤな事だらけの世の中で」は
ドラマ「流星ワゴン」(TBS系)の主題歌でもあったので
かなり知られていますし、


半木の道が舞台、という話が出ていますので、
今年はもっと人が多いかもしれませんね。


2015年に半木の道のお花見に行った人の感想を記事にしました!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。