ローストチキン 作り方 電子レンジ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

クリスマスメニュー・ローストチキンレッグの作り方(電子レンジ)

読了までの目安時間:約 5分

 

ローストチキン作り方

少人数家庭向けに骨付もも肉を使い、
電子レンジで失敗なしの、
ローストチキンの作り方をご紹介します!



クリスマスと言えばローストチキン、ですが、
少人数家庭だったり、


丸鶏で作るのはハードル高すぎ!


という人には、
骨付きモモ肉を使うと手軽です。


さらに、電子レンジを使うことで、
失敗に作れる方法です。


電子レンジだからと言って、手抜きではありせん。
お肉がふっくらしておいしいのです。


電子レンジで作るローストチキンレッグの作り方


材料

  • とりもも肉 1枚

  • キャベツ 2枚

  • なす 1本

A
  • カレーパウダー 小さじ1/2

  • ガーリックパウダー 小さじ1/2

  • ジンジャーパウダー 小さじ1/2

  • 塩、こしょう 適量



  • ウスターソース 大さじ1
ローストチキン


※材料は鶏モモ肉1本で書いてあります。
他にもたくさん料理があるし、
2人で1本食べればいいや、という場合はこのまま、


1人1本で、と言う場合は
人数分に増やしてください。


※鶏肉は、ぜひブロイラーではなく、
地鶏を使ってみてください。
味が濃くておいしいですよ。


作り方手順

1. 鶏もも肉には骨にそって切り離さない程度に切れ目を入れる。
皮目からフォークなどで穴をあけて、味をしみ込みやすくし、
Aの調味料をまんべんなくふりかけ、もみ込むようになじませる。


2.キャベツを適当な大きさに切り、
モモ肉が入る大きさの耐熱ガラス容器や深皿に敷き、
その上に1の肉と2cmの輪切りにしたなすをのせる。


3.2にウスターソースを回しかけ
ラップをかけてをしてレンジで7分加熱する。


4.ウスターソースで電子レンジだけでも焦げ目がつきますが、
一手間掛けて、


フライパンにサラダ油かバター(分量外)を熱し、
皮をぱりっと焼くとよりおいしいです。


野菜と一緒にお皿に盛り付けます。


すごく簡単で誰でもできるレシピです。
お肉は柔らかくておいしいし
味も染みてます。


加熱時間は、電子レンジによって違うので、
最初は短めにして
様子を見て伸ばすといいと思います。


電子レンジで加熱しすぎると、
カチカチになっておいしくありません。


電子レンジを使うメリットは、
骨付きモモ肉にありがちな、


骨の周りが生だった、という事態を
を防げるところです。


あれ、イヤですもんね・・・


クリスマス定番のチキンは、
普通の作り方ならオーブンで
たくさん時間がかかり大変ですが、


調理時間が短いので、
パーティーの時など本当に重宝します。
カレー味なので飽きないです。


特別なハーブや香辛料なしで、
スーパーで売ってる調味料でできるのも簡単でありがたいです。


電子レンジ専用の調理器具が無くても
耐熱容器で十分に作れます。

パーティーや、人を呼んだときに、
主婦がずっと台所にこもっている、
ということになりがちですが、


メイン料理がこんな感じで時短で作れるなら、
後は前もって準備できるサラダやスープを
組みあわせて、


主婦もみんなと一緒にすごせますよね。


電子レンジで作るローストチキンレッグの作り方まとめ


電子レンジで火を通してしまい、
皮だけフライパンでぱりっと焼くのは
いいアイデアですね。


丸ごと鶏が入る大きな容器と電子レンジがあれば、
丸鶏のローストチキンも、
電子レンジを使うと楽、らしいです。


その場合皮の焼き目は
フライパンでは無理なので、
バーナーがあると便利ですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。