カリフラワー 栄養

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

カリフラワーの美容効果とおいしい食べ方とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

カリフラワー 栄養 食べ方

11月から3月が旬のカリフラワーの
栄養、おいしい調理方法について
ご紹介します!




カリフラワーの栄養って?


カリフラワーに含まれる栄養で代表的なものが
ビタミンCです。


カリフラワーに含まれるビタミンCの量は
生の状態で、キャベツの約2倍です。


ビタミンCには、
メラニン色素の沈着を防ぐ効果、
肌細胞のコラーゲン精製を助ける効果などがあり、


美肌には欠かせない栄養素です。


ビタミンCは糖質の代謝の際には、
補酵素として働き、疲労回復や
代謝促進を促します。


寒さのためエネルギー消費量が増える冬は、
適度な量の糖質ともに
ビタミンC(ビタミンB群も必要ですが)を摂ることが必要です。


またビタミンには
ウイルスの増殖を阻止するインターフェロンの生成を
促す効果があります。


カリフラワー 栄養 食べ方

カリフラワーの洗い方


カリフラワーは小さなつぼみがぎっしりと詰まっていて
丸ごとの場合、なかなか奥まで洗うのが難しい野菜です。


しかし、つぼみとつぼみの間に
ほこりなどが入っていることが多いので、
調理の前にはしっかり洗い流したいもの。


カリフラワーを洗う時には、
適当な大きさに切り(大きめで良い)


ポリ袋に水とカリフラワーを入れて
口を縛って20分くらい置きます。


20分経ったら、ポリ袋を1分間程度
振ってから袋を開けて水を流します。


カリフラワーの茹で方


カリフラワーは固くで煮崩れしにくく、
また、カリフラワーに含まれるビタミンCは他の野菜よりも
加熱に強いとされていますが、


ビタミンCは水溶性なので、


加熱+水


と条件が重なるとやはり溶けだしやすくなります。



鍋にお湯を沸騰させてゆでるなら
茹で時間は2、3分程度が良いでしょう。


またお湯から上げた後も、
水にさらしたりせず、
ザルに広げて冷ましてください。


電子レンジでの茹で方


レンジ加熱は、ビタミンCが溶けだしにくいので
カリフラワーを加熱して食べる場合、
おすすめです。



洗ったカリフラワーを水けをきらずに耐熱容器に並べ
ラップをふわっとかけます。


600Wの電子レンジで、100gにつき
1分の目安で加熱します。


生でもおいしいカリフラワー


実はカリフラワーは生でも食べられます。


先端のつぼみの部分を小分け異にして、
カリカリ食感のトッピングにしたり、


塩とカレー粉を絡めて、
スナック菓子のように食べることもできます。


最近では、オレンジ色、紫色などの
カラフルなカリフラワーも出てきています。


紫のカリフラワーの色は
植物性ポリフェノールのアントシアニンの色です。


紫カリフラワーは加熱すると青色になります。


こうしたカラフルなカリフラワーも
生で小さく切ってサラダに入れる路
彩にもなります。



スポンサードリンク



カリフラワーの美容効果とおいしい食べ方とは? まとめ


カリフラワーは
ビタミンCが豊富で、


美肌、冬バテ対策、
風邪の時のビタミンC補給など、


まさに旬の冬に食べたい野菜です。


煮ても崩れないので、
シチューなどにも入れられますが、


ビタミンCは水に溶けやすいので、
短時間加熱して仕上げに入れる、


という方法が良いでしょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。