黒柳徹子ケーキ 作り方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

オーブン要らずでおしゃれ!黒柳徹子ケーキの作り方は?

読了までの目安時間:約 4分

 

黒柳徹子ケーキ 作り方

小西 はるか
@自宅リビング

黒柳徹子さんが手作りして共演者にふるまっている、という「黒柳徹子ケーキ」がインタグラムやtwitterで話題になっています。
オーブンなしで作れて、断面が層になっておしゃなところが人気の理由のよう。



黒柳徹子ケーキとは?


黒柳徹子ケーキとは、
ビスケットを牛乳に浸し、クリームを挟んで層状にしたケーキのこと

中学生のころ、図書館で借りた料理の本(昭和50年代くらいのものだったと思います)に
同じようなビスケットを使ったケーキの作り方が乗っていた記憶があるので、
昭和の、まだ家庭にオーブンが普及していないころにはやったレシピだったのかもしれませんね。




黒柳徹子ケーキの作り方



【材料】
  • マリービスケット(1パック24枚)

  • 生クリーム1パック 150ml

  • 砂糖 大さじ3~4

  • 牛乳適量


【作り方】

1.生クリームを泡立てます。最初は砂糖なしで泡立て、7分くらいに泡だったら途中で少しずつ砂糖を加えます。ハンドミキサーがあると簡単ですが、砂糖なしで泡立てすぎると水分と分離してしまうので注意してください。


2.作りたいケーキの型(牛乳パックでもよい)オーブンペーパーを敷いて1の生クリームを1cmほど敷きます。


3.小さなボウルに牛乳を入れてビスケットの両面を牛乳に浸したら2の生クリームの上に重ねます。
一段並べたらその上に生クリームを塗り、牛乳を浸したビスケットを並べる、と繰り返します。


4.すべてのビスケットを重ねたら、一番上の段にも生クリームを塗り、ラップをかけて一晩冷蔵庫に入れます。
1番寝かすことで塗った牛乳とクリームの水分がビスケットに染みて、ケーキ生地のようになります。

5.ラップを外して、切り分けます。


※ココアパウダーなどでトッピングしてもよいです。



黒柳徹子ケーキのアレンジ


ビスケットの種類はマリービスケットが基本ですが、
グラハムクラッカーにすると、全粒粉のザクザク感と香りで違った味のケーキになります。

また、スライスしたバナナ、イチゴ、黄桃などのフルーツも重ねたり、
ビスケットにジャムを塗ってから生クリームを重ねてもおいしいです。


クリームもいろいろアレンジができます。


とかしたクーベルチュールチョコレートを混ぜてチョコレートクリーム、
抹茶を混ぜて抹茶クリーム。


コーヒーシロップにビスケットを浸して、生クリームとマスカルポーネチーズを合わせたクリームを挟めばティラミスですね。





オーブン要らずでおしゃれ!黒柳徹子ケーキの作り方は? まとめ


黒柳徹子ケーキは火を使わないのでお子さんと一緒に作ることもできる簡単レシピですが、
クリームのアレンジや、フルーツを挟むことで、


「どうやって作ったの?」


と訊かれる本格的なケーキらしくすることもできますよ。


ぜひ作ってみてくださいね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント