オクラ ダシ 山形 レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

オクラいり「だし」の作り方

読了までの目安時間:約 4分

 

だしレシピ

山形の郷土料理「だし」
夏野菜や香味野菜を刻んで
出汁醤油につけたものです。


スポンサードリンク



ご飯や麺類のお供におすすめなので、
ぜひ作ってみてください。


オクラいりだしの作り方


材料

4人分

  • オクラ5本

  • きゅうり1本 

  • なす(大)1本

  • みょうが2~3本

  • 大葉5枚 ねぎ5センチ程度

  • 塩こんぶ大さじ1杯

  • めんつゆの素(市販の3倍濃縮)大さじ1~2杯


作り方

1.オクラを洗って、まな板の上で軽く塩(分量外)を振って塩ずりします。
さっと洗い流して、塩ゆでします(1~2分程度)。


2.1は薄切りにし、きゅうり、なす、みょうが、ねぎはそれぞれみじん切りに、
大葉は繊維に対して直角に千切りにします。


3.薄切りにしたなすは水にさっとつけてあくを抜いておきます。
長時間さらさなくても大丈夫です。


4.大きめのボールを用意し、下処理した野菜、塩こんぶ、を入れ軽く混ぜ、
最後に味を見ながらめんつゆの素を加えます。


5.冷蔵庫で半日~1日寝かして、味がなじんだら完成です。


作り方のポイント


材料を切って合えるだけの簡単レシピです。
塩こんぶの量とつゆの量の配分によって味の濃さが変わってきます。


時間がたつと、野菜から水分がでてきますので、
最初は少し濃いめに感じるぐらいに味付けしておくと、
なじんだときにちょうど良く仕上がると思います。





煮沸消毒した密閉容器に入れて、
(煮沸消毒の方法はこちらを参照してください)
清潔なスプーンで扱っていれば、


冷蔵庫で数日は持ちます。


調味料が下に沈むので、保存している間は
ときどき天地を返すように混ぜてください。


あれば、白ゴマを入れたり、
塩昆布の代わりに納豆昆布を入れてもおいしいです。



スポンサードリンク




オクラいり「だし」の作り方・まとめ


山形の郷土料理の「だし」の、
市販品のものを初めて食べて美味しくて、
感動しました。


原材料を確認して、自宅でも作れないかと思って
自分なりになんどか作ってみました。


もともと、分量がきっちり決まっているお料理ではなく、
家庭ごと、人ごとに味があるのだと思います。


市販のめんつゆを使うと手軽ですが、
煮きった酒としょうゆ、削り節を入れたものも
おいしいです。


「だし」は、特に夏の暑い日、
食欲が落ちてしまったときでもオクラの粘りと
その他の野菜のうまみがマッチして美味しく食べられます。


ご飯のおともや、おそば、うどん、そうめんの付け合わせなど、
主食の添え物としてなんでも合うと思います。
お茶漬けにしてもおいしかったです。


ご飯や麺類以外では、
特に、冷奴の上に載せて食べる食べ方が一番お勧めです


また、美味しいだけでなく、
オクラや大葉、みょうがなど、夏に摂りたい栄養価が高い野菜が
たくさん入っていますので、栄養バランスも良いと思います。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント