ホットクロズバンズ レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

イースターに食べるパンホットクロスバンズのレシピ

読了までの目安時間:約 5分

 

ホットクロズバンズ レシピ

イースター(復活祭)に食べる、
イギリスの伝統的な焼菓子、
ホットクロスバンズの作り方をご紹介します!




イースターとは?


イースターはキリスト教で、
十字架にかけられたイエス・キリストが
復活したことをお祝いする行事。


ただし、イースターの日は、


その年の、
春分の日の後の、最初の満月の後の、最初の日曜日


という方法で決めるため、
毎年違い、最大で一ヶ月くらいの差が出ます。


2017年の場合は、


春分の日:3月20日
春分の後最初の満月:4月11日
満月の後の最初の日曜日:4月16日


です。


イースターに食べるホットクロスバンズ


イースターには、
各地でそれをお祝いする伝統的な料理やお菓子が
あり、


卵を使ったもの、
羊肉を使ったもの、
十字架の形を模したもの、


などがあります。


イギリスでは、


表面にアイシングで十字架の模様を付けた、
ドライフルーツ入りの菓子パン、
ホットクロスバンズを食べます。



イースターだけではなく、普段にも
お店で売っているくらい人気だとか。


イギリスからの移民が多かった
アメリカでも、
イースターハム(羊肉のハム)とともに、
ホットクロズバンズを食べることがあるそうです。


ホットクロズバンズの作り方


【材料】

9個~10個

  • 強力粉 125g

  • 薄力粉 125g

  • 砂糖 25g

  • バター 30g

  • 卵 1/2個

  • ドライイースト 小さじ1

  • シナモンパウダー 小さじ1/2

  • ナツメグパウダー 小さじ1/4

  • ジンジャーパウダー 小さじ1/4

  • 塩 小さじ1/3

  • 牛乳 100ml

  • オレンジ 1/2個

  • ドライフルーツ 併せて80g

  • つや出し用の溶き卵+水 適量

  • アイシングの材料

  • 薄力粉 大さじ1

  • 砂糖 大さじ1

  • 水 大さじ1




【作り方】

1.バターを室温に戻しておきます。
オレンジを絞り、オレンジの皮はグレイターで
表面のオレンジ色のところをおろしておきます。


2.強力粉、薄力粉、砂糖、バター、
卵、ドライイースト、牛乳、オレンジのしぼり汁、
おろしたオレンジの皮、シナモン、ナツメグ、ジンジャー
をボウルに入れます。


3.2の材料をよく混ぜ、
10分くらいこねてからドライフルーツを入れて
さらに軽くこねます。


4.濡れ布巾をかけて30℃で40分程度
一次発酵させます。


5.ガス抜きをして、9個から10個に分けて
丸め、オーブンペーパーをしいた型に
均等に間をあけて並べ、


濡れ布巾をかけて30℃で30分くらい
二次発酵をさせます。


6.アイシングの材料を混ぜ合わせておきます。
オーブンを200度に余熱します。


7.溶き卵(卵1個につき大さじ1くらいの割合の水を加える)
をはけで生地の表面に塗り、
アイシングを十字架の形に載せてオーブンで15分焼きます。


ホットクロズバンズ レシピ

買うこともできる?


作るのはちょっと、でもイースターだし
ちょっと食べてみたい、
という場合、


日本のパン屋さんなどでホットクロスバンズを
買うことはできるのでしょうか?


調べた範囲では、
青山アンデルセン本店では、
ホットクロスバンズを販売しています(2017年は3/15~1個216円)。


イギリスでは普通に売っているとの
ことですが、


日本では、新年に食べるフランスの焼き菓子、
ガレット・デ・ロワほどは
広まっていないようです。


スポンサードリンク



イースターに食べるパンホットクロスバンズのレシピ まとめ


最近、日本でも
テーマパークのイベントなどで、
少しずつ定着してきたイースターですが、


クリスマスに比べると、
イースターをお祝いする料理って、
なんだかまだピンときませんよね。


ホットクロスバンズは
家庭でも簡単に作ることができる
焼き菓子・軽食なので、


ぜひ、作ってみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント