沼サンド オリジナル レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

インスタグラムで話題の「沼サンド」の作り方とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

沼サンド

From: 小西はるか
@自宅リビング

ネットで話題の「沼サンド」って?



おはようございます。

先週、ベリーダンスのレッスンの後、
友達と「セントルザベーカリー」に行ったのですが、


そこで「沼サンド」という言葉を初めて聞きました。


友達は「沼さんサンド」と言っていたと思います。


沼さんという人が作っているサンドイッチで、
具がたくさん入っている、
という説明だったのですが、


私はそういうサンドイッチを売っているお店が
あるんだと思ったんですよね。


沼サンドとは?


正しくは(というか一般的な呼び方としては)
沼サンドというそうです。


そして、サンドイッチを作っているのは「沼さん」ではなく、
岩手県で活動中の陶芸家の大沼道行さんでした。


大沼さんが作った、キャベツの千切りたっぷりのサンドイッチを、
奥様の由樹さんがネットで紹介したことがきっかけで、


見た目のインパクトと手軽さ、アレンジのしやすさから
ブームになっているサンドイッチです。


それから、大沼さんが作った緑釉などのお皿もとても素敵で
この器もブームに一役買っているのでは・・・


大沼さんの作品ではありませんが、
このお皿が雰囲気が近いです。





基本のオリジナル沼サンドイッチの作り方


沼サンドの基本のオリジナルレシピは、
食パン2枚のうちの1枚にチーズとベーコンを乗せ、
もう1枚はなにも乗せないままトーストします。


ポイントはチーズの上にベーコンをのせることで、
サンドするときに剥がれてしまうのを防ぐことが出来ます。


焼いた後、パンにはさむ具は、
たっぷりのキャベツの千切りに少量のスライス玉ねぎ、
あればオリーブかキュウリのピクルスのみじん切です。


この野菜類を、
マヨネーズと黒コショウで和えておきます。


トーストしたパンのうちの何も乗せていない方に粒マスタードを塗り、
その上に先ほど用意したキャベツの千切りを山盛り乗せます。


ばさっと載せた段階で高さ8cmくらいにはなるくらい、
山盛りです。


チーズとベーコンを乗せて焼いたパンを乗せたらギュっと押しつぶし、
半分にカットすれば完成です。


この基本の沼サンドに、
何も載せていない側に薄くスライスしたアボカドを並べたもの、


オムレツをはさんだものなどのバリエーションがあります。


すでにクックパッドなどのレシピサイトでも
沼サンド風サンドイッチをアップしている人が
たくさんいますし、


「キャベツの千切りがたっぷりのトーストサンド」


をベースに、いろいろアレンジして作られています。


インスタグラムで話題の「沼サンド」の作り方とは?まとめ


沼サンドの作り方のポイントは、


キャベツ千切り、玉葱スライスに、
ピクルスやマヨネーズなどの塩気のあるものを混ぜておき、
少ししなっとさせておくことかな、と思いました。


そうしないと、よほど繊細に細くキャベツを千切りにしないと
バリバリ過ぎて食感がよくないし、
食べていてこぼれやすくなってしまいます。


また、大沼さんご夫妻は、
作ってすぐに朝ごはんとして食べる、


という前提でサンドイッチを作っていますので、


お弁当に持っていくのであれば
しなっとさせた野菜から水分が出過ぎないように、
一工夫が必要かな。


でもおいしそうですよね。


セントルザベーカリーのトースト用パンで作ったらおいしいだろうなあ。


次の記事では、いろいろなアレンジも紹介したいと思います!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント