茶葉 パスタ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

アンチエイジングに・お茶を使ったパスタレシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

茶葉 パスタ

お茶に含まれる抗酸化物質を効率よく
摂れる、パスタレシピです。



茶葉のアンチエイジング効果って?


茶葉には、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、
茶カテキンといった、
抗酸化作用がある栄養素が多く含まれています。


これらの栄養は、
体内の酸化を防ぐ効果があります。


このうち、ビタミンAとEは脂溶性ビタミンなので、
普通にお湯でお茶を淹れて抽出されたお茶には
あまり含まれていません。


ビタミンA・Eを茶葉から摂るには、
茶葉を丸ごと挽いた抹茶を飲むか、
茶葉を料理に使うと摂りやすくなります。



また、脂溶性ビタミンは油と一緒に摂ると
吸収されやすやすいので、


油を使った料理に茶葉を使えば
より効率よく吸収できます。


チャノベーゼソースの作り方


【材料】

作りやすい分量

  • お茶を淹れた後の茶葉 大さじ2杯分の茶葉

  • ニンニク 1片

  • 松の実 大さじ1

  • オリーブオイル 100㏄

  • 白味噌 大さじ1

  • 塩 少々



【作り方】

1.お茶を淹れた後の茶葉を
リードなどのキッチンペーパーで包んで
保存容器に入れ、
冷蔵庫で一晩置いて軽く水を切ります。


2.水を切った茶葉、
ニンニク、松の実、
オリーブオイル、白味噌、塩を


ミキサーやブレンダーで攪拌して
ペースト状にします。


できあがったチャノベーゼソースは、
煮沸消毒したガラス瓶に入れて
冷蔵庫で数日保存できます。

茶葉 ジェノベーゼ

粉茶を使ったクリームパスタ


【材料】

1人分

  • 粉茶 小さじ1

  • スパゲティ(乾燥)80g

  • ホタテ 5個

  • 生クリーム 50㏄

  • 牛乳 50㏄

  • ニンニク 1/2片

  • バター 小さじ1

  • レモン果汁 小さじ2

  • 塩・こしょう 少々



【作り方】

1.スパゲティを、袋の表示時間通りにゆでます。


2.フライパンにバターとスライスしたニンニクを入れて
火にかけ、ニンニクの香りが立ったら
ホタテを入れて炒めます。


3.ホタテの表面に焼き色が付いたら
生クリーム、粉茶を加えて混ぜ、
茹で上がったスパゲティのお湯を切って入れます。


4.火を止めて、塩、こしょう、レモン汁を加えて
全体を混ぜて皿に盛りつけます。



スポンサードリンク



アンチエイジングに・お茶を使ったパスタレシピ まとめ


飲み物として飲むお茶も、
ビタミンC、カテキンなどの


抗酸化作用がある栄養素が摂れますが、


茶葉そのものを食べると
お湯(水)に溶け出すさない栄養も摂る
ことができます。


さらに料理でオイルを使うと、
脂溶性ビタミンが吸収しやすくなります。


お茶のほんのりした苦味と香りが
ハーブのような効果でパスタ料理も合いますので、


試してみてください。



スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント