わらび あく抜き レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

わらびの簡単あくぬき法とレシピ(胡麻和え・てんぷら)

読了までの目安時間:約 4分

 

わらびあく抜き

わらびの簡単なあくぬき法と
おいしい食べ方をご紹介します。



毎年実家からわらびが送られてくる、という方に
教えていただきました。


わらびのかんたんあく抜き法


父方の田舎が山の手前にあることから
毎年、春には新鮮なわらびが届けられします!


そんな時にはちゃちゃっと教えてもらった
あく抜き方で簡単にあく抜きをして、
素朴でおいしいお料理を作り家族みんなで味わいます!


そんな簡単あく抜き方法とは
新鮮なわらびをよ~く洗います。


たっぷり2リットル程度のお水を沸騰させたところに
重層を小さじ1杯程度入れて混ぜた鍋の中に
わらびを入れて、ささっと混ぜます。


火を消して、そのまま鍋で1晩置きます。


1晩たったら、ささっとお水でわらびを洗い、
その後、お好みに合わせて調理します。


素朴なわらび胡麻和えのレシピ


  • あく抜き後のわらび・・・150グラム程度

  • すり胡麻・・・大さじ1

  • キビ砂糖・・・小さじ1

  • 醤油・・・お好みで適量


1.あくぬきした蕨を、お好みでざっくりと食べやすい大きさに切る


2.すり胡麻、きび砂糖、醤油をボウルの中で混ぜ合わせて、
きび砂糖を溶きます。


3.切ったわらびを和え衣であえて、
小鉢に盛ると出来上がりです。


できれば、いりゴマをさっとフライパンで炒って、
すり鉢であたって使うと、より香ばしくなります。


わらびのてんぷら


山菜はてんぷらにするとおいしいですよね。





市販のてんぷら粉をつかうと簡単にさくっとあがります。
小麦粉を使うときには、少し重曹を入れて
卵は入れずに水だけで溶きます。


1.てんぷら鍋に揚げ油を180度くらいに熱します。


2.てんぷら粉をお水で溶いた衣に、
あく抜きをした状態のわらびをくぐらせます。
できるだけ、薄くつくようにします。


3.衣をつけたわらびをカラッと揚げて、
キッチンペーパーにとって油を切ります。


わらびのてんぷらは、
レモン汁とお塩でいただくのがおいしいです。


このまま揚げたてのわらびのてんぷらと
ビールで楽しむのも良いですし、


てんつゆをごはんにたっぷりとかけた上に
わらびのてんぷらをたっぷりと乗せた
天丼というのも素敵な食事となります。


てんぷらのサクサク感を楽しみたいので、
てんつゆをごはんの方にかけるのが我が家の食べ方です。



スポンサードリンク




わらびの簡単あくぬき法とレシピ(胡麻和・てんぷら)まとめ


わらびは季節ものなので、
その季節にしか味わえないものですよね。


地味ですが、ごちそうでもあります。
しかし、わらびはあくが強いため
しっかりとあく抜きしてから調理するのが必須です。


あくが残っていると、えぐみがあって
おいしくないだけではなく、体にも負担になります。


安心しておいしくいただきたいものですね!


山蕗の下処理とレシピはこちらです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿