もやし 使い切りレシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

もやしの保存方法と一袋使い切りレシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

もやし 使い切りレシピ

傷みやすいもやしの保存方法と
もやし一袋を使いきれるレシピをご紹介します!



もやしの保存方法


もやしは傷みやすく、
冷蔵庫の野菜室出の保存では
3日くらいで色が変わってくることがあります。


購入したらできるだけ早く使い切るのがよいのですが、


2、3日置きたい、という場合は、


さっと湯通して
タッパーのような保存容器か、
保存袋に入れて冷蔵庫(野菜室ではない)に
入れます。


軽く火が通っているので、
すぐに料理に使うことができます。

もやし 使い切りレシピ

もやしの冷凍方法


より長い期間保存する場合は、
冷凍保存ができます。


もやしを冷凍する場合、
一番簡単な方法は、


買ってきた袋のまま冷凍庫に入れる


です。


ただし、


袋の中でもやしが片寄らないように
できるだけ平らにならして、


もしあれば、
熱伝導率の高い、
ステンレスのバットなどに乗せて冷凍庫に入れると
早く凍り、質の低下を防ぐことができます。


変色しやすいひげ根をとって、
冷凍保存用の袋に入れて冷凍すると
食べるときの食感も良くなります。



使うときは自然解凍などせず、
凍ったまま炒めたり、茹でたり、
汁物の具にしたりしてください。


意外と、凍らせてもシャキシャキ感は変わりません。


作り置きできるもやしの一袋使い切りレシピ


濃い目の味で、冷蔵庫で3日程度保存できます。


【ピリ辛もやし】

【材料】

もやし一袋分

  • もやし 1袋

  • 胡麻油 大さじ1

  • 醤油 小さじ1と1/2

  • めんつゆ 小さじ1

  • 塩 少々

  • 一味唐辛子 小さじ1/4

  • 白ごま(すりごま) 小さじ1



【作り方】

1.もやしを洗ってひげ根を取り、ざるにあげます。
大きめのボウルに胡麻油、醤油、めんつゆ、
一味唐辛子、白胡麻を入れてよく混ぜます。

2.鍋にもやしを入れて、
水200mlを入れて蓋をして強めの中火にかけます。


3.蓋の横から湯気が出てから30秒加熱します。
(子大豆もやしの場合は2分くらい)


4.そこから天地を返すように混ぜて
火を止めます。


5.もやしの水気をよく切り、
調味料が入ったボウルに入れてよく混ぜます。


6.粗熱を取ってから
保存容器に入れて冷蔵庫に入れます。


※千切りにしてさっと湯通しした胡瓜を入れても
よいです。




スポンサードリンク




もやしの保存方法と一袋使い切りレシピ まとめ


もやしの中でも、特に子大豆もやしは、
大豆から発芽したものですから、
大豆と同じ栄養分と、大豆にはないビタミンCなどの栄養があります。

もやしは水気が多いので、
冷凍保存するとぐにゃぐにゃになってしまうのか
と思いますが、


凍ったまま加熱調理すれば
シャキシャキの食感で食べられるそうなので、


むしろ、冷凍で常備しておいて、
みそ汁の具などでこまめに食べたいですね。


ピリ辛もやしは子大豆もやし、緑豆もやしのどちらでも
作れますが、
緑豆もやしの方が火が入るのが早いので、
加熱時間は加減してください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント