みかん寒,レシピ,

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

みかん缶で簡単に作れる寒天デザート2種類

読了までの目安時間:約 4分

 

みかん寒天デザート

みかん缶と寒天を使った
簡単に作れてヘルシーなでざーの作り方をご紹介します!



炭酸水のシュワシュワみかん寒天


【材料】

みかんの缶詰(200g)1つ分

  • みかんの缶詰 1つ(200g)

  • 水 50ml

  • みかん缶の汁 50ml

  • 炭酸水(無糖) 200ml

  • 砂糖 30g

  • 粉寒天 2g



【作り方】

1.型の内側を水で濡らしておきます。


2.缶みかんの汁+水を鍋に入れ、粉寒天を振り入れて、弱めの中火にかけます。
混ぜながら寒天を煮溶かします。
寒天が見た目で溶けてから、さらに2、3分ふつふつ沸騰した状態を保ち、火を止めます。


3.ぬけふきんの上に2の鍋を乗せて、みかんを入れ、
かきまぜながら一気に炭酸水を加えます。

(混ぜすぎると炭酸が抜けてしまうので注意)


4.型に3の寒天液を手早く流し入れます。


5.トレーに水を張ってそのトレーに4の型を並べて、
冷蔵庫に入れて固めます。


6.固まったら冷蔵庫から出して型から外します。

みかんの缶詰 牛乳寒天寄せ

みかん缶の牛乳寒


【材料】

みかんの缶詰(200g)1つ分

  • みかんの缶詰 1つ(200g)

  • 牛乳 400ml

  • 缶みかんの汁+水 200ml

  • 砂糖 30g

  • 粉寒天 3g



【作り方】

1.型の内側を水で濡らしておきます。


2.缶みかんの汁+水を鍋に入れ、粉寒天を振り入れて、弱めの中火にかけます。
混ぜながら寒天を煮溶かします。
寒天が見た目で溶けてから、さらに2、3分ふつふつ沸騰した状態を保ち、火を止めます。



3.2に砂糖を入れて混ぜて溶かし、
牛乳を少しずつ入れてよく混ぜます。


4.型の中に缶みかんの身を等分して入れて3を注ぎます。


5.粗熱が取れたらラップをかけて冷蔵庫に入れて冷やし固めます。


6.固まったら冷蔵庫から出して型から外し、
残りの缶みかんを添えて盛り付けます。


ポイント


みかんの缶詰の汁を使う分、砂糖は控えていますが、
好みで少し増やしてもよいです。


寒天は完全に煮溶かさないと固まりませんので、
解けたように感じてからさらに2、3分煮ます。



寒天で固めたお菓子を型からはずすときは、
お皿の上に、型を逆さにして持ち、型と中身の間に空気を入れるように
楊枝の先でつつきます。



スポンサードリンク




みかん缶で簡単に作れる寒天デザート2種類 まとめ


みかんの缶詰と寒天はちょっと懐かしい感じがする組み合わせですね。


寒天をしっかり煮溶かすことに気をつければ、
あとは冷やし固めるだけの簡単スイーツです。


炭酸のシュワシュワする感じが不思議な寒天寄せも
簡単に作れますので、試してみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント