サラダチキン レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ほったらかしでできちゃうサラダチキン

読了までの目安時間:約 5分

 

サラダチキンレシピ

from: 小西はるか
@青山のスタバ

コンビニで人気のサラダチキンを手軽に作れるレシピです。



ほったらかしでできちゃうサラダチキンのレシピ



こんにちは。


今、セブンイレブンのセブンプレミアムなどで
人気の「サラダチキン」。


良質のアミノ酸と、抗酸化物質イミダペプチドを豊富に含んでいる
鶏のむね肉を使っていて、カロリーも低め。


そのまま食べるだけではなく、
サラダやパスタなど、アレンジも自由自在、
というのが人気の理由なんですね。


このサラダチキン(風)の鶏むね肉のお料理は、
自分でも簡単に作ることができます。


材料

鶏むね肉1枚分

  • 鶏むね肉 1枚

  • ハーブソルト  少々



作り方

1.鶏の胸肉を広げて、皮付きの場合は皮をはがし、筋を取り除きます
皮なしのものなら筋だけ取ってください。


2.胸肉にハーブソルトを両面にふりかけてもみ込みます。
(この時にナイロン袋に入れて揉むと手が汚れません)


3.胸肉をラップで空気が入らないようにしっかりと包みます。
(ナイロン袋の空気をしっかり抜いて口を縛ってもOK)


4.ハーブソルトが多めなら半日程度の数時間、少なめなら一日冷蔵庫に入れて寝かせます。


5.大きめの鍋にお湯を沸かし、沸騰したらラップに包んだ胸肉をお湯の中に放り込み、
蓋をして冷めるまで置きます。


6.鍋から胸肉を取り出してラップを外して切り分けます。


応用として、鶏ハムを作ることもできます。


胸肉を開くように包丁を入れて、
ハーブソルトやブラックペッパーソルトをもみ込み
くるくると巻いて棒状にします。


それを空気が入らないようにラップでキャンディー状に包んでから
お湯に入れると鶏の胸肉のハムが作れます。


違いは形だけなのでお好みで。
どちらもサラダに入れたりおつまみととても美味しいですよ。


ハーブソルトにはいろいろな種類がありますが、
おすすめは、エレメンツオブスパイスを使ったこちらのハーブソルトです。





「調味料からも栄養を摂る」というコンセプトで開発された新しいタイプのスパイスで
ハリウッドセレブの間でも人気。


原料はすべてオーガニックの海塩、海藻と
さまざまな種類のスパイスを使っています。


作り方のポイント


作り方は簡単ですが、注意しなくてはいけないのは塩加減。
塩加減が少し難しいかもしれませんが、数回作ると加減や好みがわかります。


ものすごく塩がかかってしまった場合は寝かした後、
水で塩抜きしてからでもできます。
また、ハーブソルトやペッパーソルトがない方は普通の塩のみ


または塩に、エルブドプロバンスなど好みのハーブを混ぜても良いです。


それから、特に夏場はお湯が冷めてから長く放置しないように注意して下さい。


寝かせる時間、熱湯に入れてから冷めるまでの時間がかかりますが
ほったらかしでよいので、本当に簡単です



スポンサードリンク




ほったらかしでできちゃうサラダチキン・まとめ


鶏むね肉は、モモ肉と比べて筋膜が薄いため、
加熱調理中に水分が出て行きやすいため、


パサパサした仕上がりになってしまいがちなのですが、


今回ご紹介したサラダチキンは、塩をもみこんで寝かせてから
ラップで完全に包んで加熱するため、肉汁が外に出て行きません。


そのため仕上がりもしっとりです。


モモ肉と比べて安いむね肉がおいしく料理できて、
しかも、サラダ、あえもの、麺類の具、など
他の料理の食材としても仕えます。


ぜひ作ってみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント