きゅうり 日持ちレシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

きゅうりの時雨煮風日持ちレシピ

読了までの目安時間:約 1分

 

きゅうり 日持ちレシピ

山盛りで売っているきゅうりを買った時、
家庭菜園できゅうりがたくさんできた時などに
日持ちがする時雨煮風にするとベンチです。


スポンサードリンク



きゅうりの時雨煮風の作り方


【材料】

  • きゅうり 5本

  • 塩 小さじ1強

  • 醤油 80㏄

  • みりん 大さじ3

  • 酢 小さじ2

  • 生姜 1片

  • 鷹の爪 1本

  • 白ごま 適量



【作り方】

1.きゅうりを2、3mm厚さの輪切りにします。
※たくさんまとめ作りするときには、スライサーを使うと便利です。

生姜は千切りにします。


2.切ったきゅうりをざるに入れ塩を振りかけ、30分程度置きます。


3.きゅうりの塩をサッと洗い流して水気をよく切ります。


4.深めのフライパンに
醤油、みりん、酢、鷹の爪を入れて中火にかけます。


5.沸騰したら火を止めてきゅうりと千切り生姜を入れて再び火にかけ、
再沸騰したら火を止めます。そのまま冷まします。


6.30分ほど置いて常温になったら、
きゅうり・生姜を煮汁を分けます。
煮汁だけを再沸騰させて、もう一度きゅうりを入れて火を止めてそのまま冷まします。


7.完全に冷めたら白ごまを混ぜて、保存容器に入れて
冷蔵庫で保存します。

きゅうり 日持ちレシピ

ポイント


直火で煮るときゅうりがクタクタになってしまうので、
煮立てた煮汁に入れて冷ます、

という方法で味を浸みこませます。


保存と日持ち


作ったきゅうりの時雨煮風は
密閉容器に入れ、冷蔵庫で1週間程度保存できます。
取り出すときには清潔な箸などを使ってください。


また、冷凍保存用のジッパー付き袋に入れてできるだけ空気を抜き、
冷凍保存もできます。


生のきゅうりを冷凍すると、解凍したときに細胞が壊れて食感が変わってしまいますが、
時雨煮風は、冷凍→解凍しても食感は変わりません。


スポンサードリンク



きゅうりの時雨煮風日持ちレシピ まとめ


きゅうりは水分が多く、生のままでは冷蔵庫の野菜室でもあまり日持ちがしません。
たくさん手に入ったときには、こうした日持ち調理をして冷蔵庫で保存しておくと
いいですね。


冷ましながら作るので時間がかかりますが、
冷ましている間ずっと付きっきりでいる必要はないので、
他の料理をしたり、家事をしたりしながらまとめ作りすると
お弁当などにも使えて便利です。


家庭菜園できゅうりを作っていると
ちょっと油断するとすぐにきゅうりが大きくなりすぎてしまい、


そうした「おばけきゅうり」は生で食べると食感が良くないのですが、
時雨煮風にするとおいしくいただけます。


生姜や鷹の爪の量は好みで加減してください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント