きゅうり 保存 レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

きゅうりの保存方法と意外な食べ方

読了までの目安時間:約 4分

 

きゅうり 保存 レシピ

夏になると袋いっぱいでいくら、
といった安売りをしている
こともあるきゅうり。


上手な保存方法と、
意外でおいしい食べ方をご紹介します!



きゅうりの保存方法


きゅうりは水分が多いため、傷みやすく日持ちしません。

冷蔵保存する場合は、
表面の水気をキッチンペーパーなどでよくふき取り、


1本ずつ、
新聞紙やキッチンペーパーなどで包んで、
さらにラップで包むか、ジップロックなどの
ジッパー付き保存袋に入れます


冷蔵庫に入れるときには
できるだけ、きゅうりが蔓になっていたときのように、
ヘタを上にして立てて入れます。



この方法で、1週間程度保存できます。


さらに、家庭菜園でたくさんきゅうりができて食べきれない、
といった場合には、冷凍保存なら1ヵ月は持ちます。


ただし、きゅうりはまるごと冷凍すると
解凍したときにグミグミになってしまいます。


胡瓜を冷凍保存するには、
薄くスライスして、
軽く塩もみをしてから、


小分けにして、できるだけ平らな状態で
ラップに包み、ジッパー付き冷凍保存袋に入れます。


できれば、ステンレスなど
金属性のトレーに並べて冷蔵庫に入れると
急速冷凍できるので、質が悪くなりません。



食べるときには
自然解凍して、


わかめときゅうりの酢のもの、
もずく酢
ポテトサラダ、


などに使います。


スライスがちょっと大変なので、
スライサーを使うとよいです。

きゅうり 保存方法 レシピ

きゅうりの意外な食べ方


スライスしてサラダ、など、
生で食べることが多いきゅうりですが、
加熱調理に使ったり、


すりおろして使う、などの方法でも
おいしく食べられます。


焼ききゅうり


きゅうりを縦半分に切って、
オーブントースター(1000w)で6、7分焼きます。


食べるときにオリーブオイルと塩、
味噌、などをつけてください。


おろしきゅうりの冷製パスタ


【材料】

2人分

  • カッペリーニ 160g

  • きゅうり 2本

  • カッテージチーズ 50g

  • チューブ入りのニンニク 少々

  • オリーブオイル 大さじ1

  • 塩 小さじ1/2


【作り方】

1.きゅうりの1/3本を斜め薄切りからの千切りにします。
残りはすりおろしてざるにあけ、水気を切ります。


2.ボウルにおろして水けをきったきゅうり、
オリーブオイル、塩、チューブにんにくを入れてまぜます。


3.鍋にお湯を沸かし、塩適量を入れて、
沸騰したらカッペリーニを、袋の表示時間よりも
1分長くゆでます。


冷水で冷やし、ざるにあげて水気をよく切ります。


4.2のボウルに茹でたカッペリーニを入れて混ぜ、
皿に盛って、
カッテージチーズと千切りきゅうりを乗せます。



スポンサードリンク



※ニンニクが苦手な場合、おろししょうがでもよいです。
※食べるとき、好みでレモン汁やオリーブオイルをかけてください。


きゅうりの保存方法と意外な食べ方 まとめ


きゅうりはやはり、
できるだけ新鮮なうちに食べたほうが良いので、


焼いたり、おろしてソースのように使ったりすると
生でサラダにするよりも
たくさん消費できると思います。


スライスして塩もみした後で冷凍保存も可能です。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント