お花見 持ち寄り レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

お花見持ち寄りに「煮豚」のレシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

お花見持ち寄りレシピ

そろそろ桜の開花の時期ですね。
友人同士のお花見で
お料理の持ち寄り機会が増えると思います。


スポンサードリンク



今回は、東京都在住の30代女性に
豪華に見えて凄く簡単な煮豚のレシピを教えていただきました。


そちらのお宅では定番のパーティー料理、
持ち寄りのときも好評だそうです。


煮豚の作り方


材料

4人分

  • 煮豚用豚肉ブロック 500~600g程度

  • お水 作り方1を参照願います。

  • 紅茶のティーパック2袋

  • お醤油 作り方3を参照願います。

  • お酢 作り方3を参照願います。


※豚肉はさっぱりが良い方はロース こってりが良い方はバラを
選ぶとよいでしょう。


作り方

1.お鍋に煮豚用ブロック、紅茶のティーパック、お水を入れます。
※お水はお肉が浸るくらい入れてください。


2.弱火で煮始めます。沸騰してから30分ほど目安です。
※じっくりゆっくり火を通してください。


急激に火を通すと水分が抜け固くなってします。
この時紅茶のパックから茶葉が出ないよう気を付けてください。


心配だったら色がしっかり出ていれば
紅茶パックをとってしまっても構いません。


私は面倒なのでそのまま一緒に煮続けています。
あくが出たらこまめにとってください。


煮豚レシピ


3.もう一つのお鍋にお醤油とお酢を1:1の割合で入れて弱火で1度煮たてます。
沸騰したら火を止めてください。
※沢山入れるともったいないのでお肉が半分浸かる程度で十分です。


4.煮豚に竹串を刺しても色付きの汁が出てこなければ、
3の温めておいたもう一つの鍋に入れてください。


5.時間があれば弱火でひっくり返しながら
全体にソースがいきわたるよう煮てください。


もし時間がない場合は、つけたまま粗熱が取れたら
保存用パックにソースと豚肉を一緒につけておきます。


6.煮豚をスライスして残ったソースをさらっとかけて完成です。



スポンサードリンク




お花見持ち寄りの煮豚・まとめ


この煮豚のレシピはとにかく煮るだけです。
ボリュームもあるので食べ応えがありお友達にも好評です。


肩ロースなど脂身の少ないところで作れば
さっぱりヘルシーです。


また、煮汁につけたまま冷まして数時間以上置くと
脂が白く固まるので、
取り除きましょう。


さっぱりしますし、カロリーダウンもします。


ソースのアレンジとして甘みが欲しいわ、
という方は3、の中にはちみつを入れるのもおすすめです。


はちみつを入れると、
照りも出るのできれいに仕上がりますよ。


煮豚がしっかりさめてからのほうが
薄切りにしやすいです。


是非楽しいお花見シーズンにもっていってくださいね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント