お歳暮 トラブル 傷み

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

お歳暮のトラブル体験談「送った物が傷んでいた」

読了までの目安時間:約 5分

 

お歳暮トラブル

お歳暮で贈った物に
傷みがあった、という
トラブル体験をご紹介します。


スポンサードリンク



お歳暮トラブルの体験談


私は自営業を営んでいます。


お取引先へのお歳暮、お中元は、
今後もご愛顧頂きたくご挨拶の思いで、
毎年欠かさないものです。


以前より某百貨店から注文して、
季節のお品を選んでいました。


相手様の状況やお好みを考慮して
選ぶ時間も楽しみの一つでした。


数年前、ひょんな事から百貨店で選ぶのでなく、
近所の老舗果物屋から
お歳暮の品を送る事になりました。


バブルで業績も良かった昔とは、
多くの状況が様変わりし、


やはりご近所の店とのお付き合いも
大切にしたいと考えたからです。


先方のお店から、是非ご贔屓にと
ご挨拶も受けていた事も影響しました。


互いに商いが小さくなる中、
互いに営業先を考えるという事でしょうか。


それから数年は、果物屋を利用していました。
勿論、こちらにとっては、
送り先は大切なお取引先様です。


果物屋さんには、
粗相のないよう声かけも忘れないよう、
注意していたつもりです。


ところが、ある年、お取引先の社長より
突然の電話がありました。


当時、業務内容で私どもにミスがあり、
その対応に追われていました。


ですから、電話は苦情なりお咎めだと思いました。
もちろん、誠意持って今後の対処も踏まえ
臨んでおりました。


お歳暮トラブル

ですが、社長からの話は、


お中元、お歳暮で頂く果物
ちょっと古いのではないか?


ということで、
思ってもみない言葉に、驚きました。


届いた日に開封してるのに、
開けてみると傷んでいる。
それが今回だけのことではない、


お店に連絡しようかと考えたが、
大概、お気づきの点があればお問い合わせください
の添え書きが同封されるものだが、


それもないため、
私どもに直接となったためです。


そりゃもう大慌てで、
果物屋に行きました。


こうなった経緯を説明すると、
そこの主人は、
先ずは謝罪を口するどころか、


送り先様が開封するの忘れてたんじゃないか?
当店はそんな品を送るような事は
絶対にしないと憤慨するのです。


はっきり言って、とんでもない事です。
こうしたクレームががあれば先ず謝罪ですよね?


それから対処する。
これがない事に一番がっかりしたのです。


こんな事があってからは、本当に慎重になりました。


お中元やお歳暮などの場合、
自作の品を送るのでないなら大抵どこかで購入します。


ならば、発送及び購入先も責任を持つ、

そして購入した=つまり今回は私どもです。

私どもも責任を持つ。これが大切だと痛感しました。


現在では、再び某百貨店を贔屓にさせて貰ってます。
責任を持って先様に届けるという体制が
万全と判断したからです。


痛んでる品を数年もの間
送ってしまったことは、
いまでも悔やみます。


お歳暮トラブルの体験談まとめ


お歳暮の品に問題があった場合、
贈られた側にも遠慮があって
贈った側に言わないことも多いのではないでしょうか。


後でそれが分かると気まずいものですし、
この方のようにビジネスの取引先だと
大変です。

大手だからミスがない、ということはありませんが、
何かあったときの対処方法が
確立されている、


という点では安心なのかも知れませんね。


それから・・・


果物などの生鮮品を送るのは
いろいろリスクもありますし、


食品なら消費期限が長いもの
を選ぶのが無難でしょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント