ささみ 揚げないフライ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

お弁当にも・揚げないささみスティック2種類

読了までの目安時間:約 4分

 

ささみ 揚げないフライ

揚げ油の始末の必要がなく、
衣に吸収される油の量も少ない、
ささみの「揚げない」フライ風。


パン粉のオーソドックスなフライ風と、
エスニック風なピーナッツ衣、
2種類をご紹介します。



ささみフライ風


【材料】

2人分

  • ささみ 4本

  • 酒 大さじ1

  • 醤油 大さじ1

  • 砂糖 大さじ1/2

  • マヨネーズ 小さじ1

  • すりおろし生姜 小さじ1




  • 卵 1/2個

  • 小麦粉 大さじ2

  • パン粉 適量



【作り方】

1.パン粉をフライパンで乾煎りして
きつね色になったらバットに取り出します。


2.ささみのスジを取り、
スティック状に縦に細長く切ります。


3.酒、醤油、砂糖、マヨネーズ、おろし生姜を混ぜ合わせて
切ったささみを漬け、20分くらい置きます。


4.卵、小麦粉を合わせ、3の調味料から小さじ1を取って入れ、
よく混ぜておきます。


5.3のささみを取り出して汁気をふき取り、
4を絡めて1のパン粉をつけます。


6.オーブンペーパーをしいた天板にささみを並べて
サラダオイル大さじ1を全体にかけ、
オーブンまたはオーブントースターで220℃で20分焼きます。

ささみ 揚げないフライ

エスニックピーナッツ揚げ風


【材料】

2人分

  • ささみ 4本

  • 酒 大さじ1

  • 醤油 大さじ1

  • ナンプラー 小さじ2

  • 砂糖 小さじ1

  • レモン汁 小さじ1

  • すりおろし生姜 小さじ1

  • 鷹の爪 好みで





  • 卵 1/2個

  • 片栗粉 大さじ1

  • ピーナッツ 30g



【作り方】

1.ピーナッツはフライパンで乾煎りしてから
ポリ袋に入れて綿棒でたたき、
細かく砕いておきます。


2.ささみのスジを取り、
スティック状に縦に細長く切ります。


2.酒、醤油、ナンプラー、砂糖、レモン汁、おろし生姜、鷹の爪を
合わせて、切ったささみを漬けて20分くらいおきます。


3.2を取り出して汁気をふき取り、
溶き卵、砕いたピーナッツ、片栗粉の順につけます。


4.オーブンペーパーを敷いた天板にささみを並べて
サラダオイル大さじ1を全体に回しかけます。


5.220℃のオーブンまたはオーブントースターで20分焼きます。


ポイント


鶏肉の揚物では、臭み消しと風味づけでニンニクを少し入れることが多いのですが
お弁当の場合はニオイが気になることもありますよね。


レシピでは、
臭み消しと風味づけには生姜だけを使っています。


好みで、おろしにんにくを少量入れてもよいです。


スポンサードリンク



お弁当にも・揚げないささみスティック2種類 まとめ


オーブンやオーブントースターで焼いて仕上げたほうが
揚げ温度の調整や、揚げた油の処理などがなく、
朝、忙しい時間のお弁当作りには便利です。


もちろん、普通に揚げてもよく、
その場合は、パン粉は最初に煎らずに使ってください。


ピーナッツは一度軽く乾煎りした方が
カリカリに仕上がります。


食べるときにレモンを絞るとさっぱりいただけるので、
お弁当の場合もカットしたレモンを添えましょう。






スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント