サバ カレー竜田揚げ レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

お弁当にも。サバのカレー竜田揚げレシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

サバレシピ

小西はるか
@青山のスタバ

カレー風味でお弁当やおつまみにもむく、
サバのカレー竜田揚げのレシピです。



サバのカレー竜田揚げ


こんにちは。


秋から冬にかけておいしくなるサバ。
塩焼きや味噌煮が定番の料理法ですが、


カレー風味の竜田揚げにすると、
生臭みが出ないので、時間をおいて食べるお弁当にも向いています。


揚げたてはおつまみにいいですよ。


材料

2人分

  • サバ三枚おろしの片身 1枚

  • カレー粉 小さじ2~

  • 片栗粉 適量

  • 日本酒50cc

  • 醤油大さじ1

  • 揚げ油 適量

  • レモン 1/3個


我が家ではこのカレー粉を使っています。


スパイスの風味が強めなので、
普通のカレー粉にちょっと足して使う、
という使い方でもいいかもしれません。





作り方

1.サバは、魚屋で骨が着いていない片身を買えればそれを使います。


1匹でしか売っていない場合は、
3枚おろしにしてもらうか、自分で3枚におろし、


余分な方は塩をして素揚げにしてから南蛮漬けにし、翌日食べてもOK。


3枚おろしにしたサバは、中骨のあたりに小骨がありますので、
骨抜きで抜きます。


幅2cm程度に切って軽く塩を振って(分量外)15分ほどおきます。


2.サバの水分をペーパータオルで拭き取り、
酒としょうゆを合わせた中に漬けて15分ほど置きます。


3.ビニール袋に片栗粉とカレー粉を入れて、
2のさばの汁けをきって加え、口を閉じて上下に振り、全体にまぶしつけます。


4.脂を180度に熱して、3のサバを揚げます。
脂に入れる前に余分な粉は落としてください。


5.きつね色に揚がったら取り出して油を切り、
皿に盛って、レモンの櫛切りを添えます。


作り方のポイント


特に難しいことはないのですが、


サバは意外と身われしやすいので、丁寧に扱ってください。


揚げ温度は最初は180度ですが、魚を入れたら温度が下がらないように
少し火を強め、揚げ上がりには200度くらいになるようにすると
カラっと揚がります。



スポンサードリンク




お弁当にも。サバのカレー竜田揚げレシピ まとめ


油で揚げるので、すこし小さめの脂のりが少ないかな、というサバもおいしくいただけます。
反対に、まるまるしたサバだったらやはり塩焼きか味噌煮がいいかもしれませんね。


青魚の代表のようなサバには、


DHA、EPAという血液をサラサラにし、中性脂肪を減少させる健康成分が含まれていますが、


EPAにはGLP-1という糖分の吸収を抑えるホルモンを分泌させやすくさせる作用もあり、
ダイエット効果がある食材、として注目されています


揚げ物はあまりダイエット向きではないかも?ですが、


時には、変化を付けていろいろな食べ方で旬のサバを取り入れましょう!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント