網笠柚子 レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

おせち料理にも・網笠柚子の作り方

読了までの目安時間:約 4分

 

編笠柚子 レシピ

おせち料理に入れたり、和食のデザートになる、
網笠柚子のレシピです。




網笠柚子とは?


網笠柚子とは、柚子の皮を砂糖で甘く、
柔らかく煮たものです。


縦半分に切った柚子の皮を
網笠のように折って盛り付けるので、
網笠柚子、と呼ばれます。



おせち料理では、
祝い肴を盛り込む、壱の重に
入れられることが多いです。


※三の重または四の重に入れる、とする人もいます。


三段重ねの時は三の重、
四段重ねの時は四の重に
「煮物」を入れるため、


煮含めた編笠柚子は「煮物」とする
考え方だと思われます。


網笠柚子 レシピ

網笠柚子の作り方


【材料】

  • 柚子 2個

  • 上白糖 100g

  • 水 100㏄



【作り方】

1.柚子の皮を良く洗い、
目の細かいおろし金で表面が滑らかになるように
おろします。


またはよく切れる包丁で、表面が滑らかになるように
薄く皮をむきます。


おろし金にしても、包丁にしても、
皮の白い部分が出てしまうと削りすぎです。



2.柚子を縦半分に切り、中身を取りだします。


3.鍋に湯を沸かし、沸騰したら2の柚子皮を入れて
半分に折れるくらいに柔らかく茹でます。


4.皮の内側の太い筋を取り除きます。


5.柚子のヘタとおしりの部分が頂点に来るように、
半分に折り、鍋に水と柚子を入れて、15分煮ます。


6.5の柚子を蒸し器で15分蒸します。
(余分な水分を抜く)


7.小鍋に砂糖と水、蒸した柚子を入れて
弱火に掛けます。砂糖が溶けたら15分ほど煮含めて
そのまま冷まします。



おろした皮とはずした実は柚子味噌に


網笠柚子は、
皮の表面をおろし金で削り、
実の部分が取り除いてしまいます。


これは捨ててはもったいないので、
柚子味噌に使いましょう。


【材料】

  • 白味噌(水あめなどが入っていないものがおすすめ) 100g

  • 日本酒 120㏄

  • 柚子の皮と実 1個分



【作り方】

1.柚子の皮1個分を、白い部分が入らないようにおろします。
皮から身を外して種が入らないように果汁を絞ります。


今回は、編笠柚子に使った残りの皮と
実を使います。
包丁で皮をむいた場合は細かく刻んでください。


1.ノンスティック加工の直径22cmくらいのフライパンに、
味噌、酒、柚子果汁を入れて、
中弱火にかけます。


2.ゴムベラで混ぜながらに詰めます。
水分が少なくなってきたら焦げないように
弱火にします。


3.冷めると固くなるので、
ふろふき大根に乗せるには
ゆるいかな?くらいで加熱をやめます。
保存容器に入れます。


4.粗熱をとってから蓋をして
冷蔵庫で保存します。


白味噌を使わない柚子味噌のレシピはこちらです。

白味噌を使わない柚子味噌の作り方



スポンサードリンク




おせち料理にも・網笠柚子の作り方 まとめ


今回はおせち料理に入れる分、
(4人分として1人1切れ)検討の
分量をご紹介しましたが、


手間がかかるので、
もっと多めに作って、
お茶請け用などに保存しても良いでしょう。


中身と皮は柚子味噌の他、
西京漬け、紅白なますなどに
使いましょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。