スペアリブ 時短

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

【時短レシピ】15分で柔らかくなるスペアリブ

読了までの目安時間:約 4分

 

スペアリブ 時短

ボリュームがあって見た目にも
インパクトがあるスペアリブ料理ですが、
加熱時間はたったの15分で柔らかくする方法があります。




15分柔らかくなるスペアリブの作り方


【材料】

2人分

  • スペアリブ 4本

  • まいたけ 1/2パック

  • 焼き肉のたれ 80㏄

  • マーマレード 大さじ2



【用意するもの】

  • 耐熱温度100℃以上のポリ袋 2枚



※よく、家庭用やキャンプ用の
湯せん調理レシピに、


ジップロックなどのジッパー付き保存袋が
使われていることがありますが、


ものによっては、耐熱温度が十分ではなく、
お湯の温度は問題なくても鍋肌に触れると
袋が溶けてしまうことがあります。


ジップロックでは公式サイトに
直火の湯せんはできない、と書かれています。

スペアリブ 時短 【作り方】

1.スペアリブを流水でざっと洗って汚れを落とし、
水気をふき取ります。
スペアリブ全体をフォークで刺します。


2.舞茸を細かく刻みます。
フードプロセッサーを使っても良いです。


3.耐熱性のポリ袋2枚に
焼き肉のたれ、マーマレード、刻んだ舞茸を半量ずつ、
スペアリブを2本ずつ入れて、袋の上から手でもみます。


室温で90分程度か、冷蔵庫で一晩置きます。


4.できるだけ袋の空気が抜けるようにして
きっちりと口を縛ります。


5.鍋にお湯を沸かし、沸騰したらごく弱火にして、
4を入れて浮き上がらないように落し蓋をします。


6.15分加熱したら
お湯から取りだし、袋を開けてスペアリブを出します


作り方のコツ


1枚の袋に4本のスペアリブを入れてもいいのですが、
味や加熱にムラがないよう、2本ずつにしました。


ポリ袋の上からもむときに袋を破らないようにしてください。
袋を二重にしても良いです。



スポンサードリンク



【時短レシピ】15分で柔らかくなるスペアリブ まとめ


舞茸には、肉を柔らかくする酵素が入っていますが、
酵素は60℃を超えると働かなくなるので、


それよりも低い温度である程度の時間置く必要があります。


そのため、漬けこむ時間が必要になりますが、
それさえ前もって準備しておけば、
加熱時間は15分で済みます



また、肉のたんぱく質は急激に高温で加熱すると
固くなる性質があり、
お湯の100℃(肉の中心部はもう少し低い温度になります)で


ゆっくり加熱して柔らかく仕上げます。


短時間でスペアリブを柔らかく仕上げるには、
圧力なべを使う方法がありますが、


ポリ袋(ただし、耐熱温度に注意)は手に入りやすいですし、
洗いものも少なくなります。


試してみてください。





スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント