粉豆腐 ポテトサラダ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

【ダイエットレシピ】粉豆腐のポテトサラダ

読了までの目安時間:約 5分

 

粉豆腐 レシピ

レジスタントプロテインを含み、
ダイエット食材として注目されている
粉豆腐を使ったポテトサラダです。


さらにダイエット効果をアップする秘訣とは?




粉豆腐の作り方


粉豆腐とは、
高野豆腐を粉状にしたものです。


高野豆腐は、
豆腐を水切りして凍らせ、
解凍して乾燥させ、また凍らせる


ということを繰り返して作ります。


しみ豆腐、凍豆腐ともいいますね。


大豆には、もともと
レジスタントプロテインという、消化酵素で
消化・分解されにくいたんぱく質が含まれているのですが、


高野豆腐にする過程で
レジスタントプロテインとプロテインの量が増えます。


レジスタントプロテインは、
体内では食物繊維のような
作用をし、


食後血糖値の上昇を抑えたり、
血液中の中性脂肪を抑えたりする、
とされています。



高野豆腐として食べても、
もちろん、こうした効果はあるのですが、
粉状にすることで、いろいろな料理に応用ができ、
毎日の食事に高野豆腐を取り入れることができます。


粉豆腐は自分で作れる


もともと、長野県内で食べられることが多かった粉豆腐は、
地元ではすでに粉にしたものが売られています。


今はネット通販などで粉豆腐を買うこともできますが、
高野豆腐をおろし金ですりおろしたり、
フードプロセッサーかけるだけで
簡単に粉状にすることができます。


粉上にしたものは含まれている脂質が酸化しやすいので、
使うごとに粉にするか、
ジッパー付きの保存袋に入れて冷凍庫に入れ、
できるだけ早く使い切るようにしてください。

粉豆腐 レシピ

粉豆腐入りポテトサラダ


【材料】

2人分

  • じゃがいも 1個

  • 粉豆腐 20g

  • 玉ねぎ 1/8個

  • きゅうり 1/4本

  • ハム 1枚

  • マヨネーズ 大さじ3

  • 牛乳または豆乳 1/4カップ

  • 塩こしょう 少々



【作り方】

1.鍋に少量の水を張り、小皿の上にじゃがいもを皮付きのまま
乗せて、蓋をして火にかけます。
沸騰したら弱火にしてじゃがいもが柔らかくなるまで蒸します。


2.耐熱ボウルに粉豆腐と牛乳(またた豆乳)を入れて
500wのレンジで1分加熱します。


3.玉ねぎは薄切りにしてさっと水にさらします。
きゅうりはうすい輪切りにして塩少々(分量外)を振ります。

どちらも水気をかるく絞ります。


ハムは適当な大きさに切ります。


4.1のじゃがいもの皮を剥いて(やけどに注意)
ボウルにいれてざっとつぶします。


5.4に2の粉豆腐、マヨネーズ、塩こしょうを入れて混ぜます。
粗熱が取れたら玉ねぎときゅうり、ハムも入れて混ぜます。


※野菜類とハムの代わりに、
たらこ1腹分をほぐして入れるタラモサラダになります。


よりダイエットむきにするには?


ポテトサラダはサラダ、といっても
炭水化物が多く、ダイエット中さけたいメニュー
のイメージがありますが、


じゃがいもにはレジスタントスターチ、という
消化されにくいでんぷん質が含まれています。


レジスタントスターチも、
レジスタントプロテインと同じように
体内で、食物繊維のように働きます。


じゃがいも内のレジスタントスターチは
冷蔵庫で数時間冷やすと増えるので、
できあがったポテトサラダは一度冷蔵庫に入れて冷やします。


食べるとき、冷たい過ぎるのがイヤな場合は
しばらく冷蔵庫から出しておいて常温までもどしても
大丈夫です。



スポンサードリンク



【ダイエットレシピ】粉豆腐のポテトサラダ まとめ


糖質が多いポテトサラダですが、
レジスタントプロテインが多い粉豆腐を混ぜて作り、


さらに冷やしてレジスタントスターチを増やすと、


じゃがいもに含まれる糖質の吸収が抑えられるので
ダイエット向きになります。


じゃがいもには加熱しても壊れにくい
ビタミンCが豊富なので、
工夫して食べるようにするとよいですよ。


参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント