新生姜 炊き込みご飯

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

【ダイエットレシピ】新生姜の炊き込みご飯

読了までの目安時間:約 4分

 

新生姜 炊き込みご飯

さわやかな風味で、
血行促進や脂肪燃焼効果もある新生姜を使った
炊き込みご飯のレシピです。



生姜の代謝アップ効果


おろししょうがを薬味に使ったり、
生姜の入っているスープなどを飲むと、


わりとすぐ手先や足先がぽかぽかしてくる
感じが分かる人もいるくらい、


生姜による血行促進効果は分かりやすいです。


生姜に含まれているジンゲロールという成分には、
毛細血管を拡張して末端の血流を改善する効果があります。


ジンゲロールによって
体の中心の熱を末端に伝えられると
最終的には、体温が発散されます。


一方、生姜を乾燥したり、加熱したりすると増える
ショウガオールは、


消化器を刺激して体の中の体温を上げる効果と
血行促進効果があり、
脂肪燃焼効果もあるとされています。



加熱しすぎでも減ってしまうショウガオール


ショウガオールは生姜の保存中にも増えますが、
加熱することによっても増えます。


ただし、たくさん加熱すればするほど増えるわけではなく、
100度以下で加熱すると増える
加熱しすぎると減ってしまうので、


高温になる油を使った調理よりは
炊き込みご飯や煮物のような調理法の方が
ショウガオールが増えやすくなります。

新生姜 炊き込みご飯

新生姜の炊き込みご飯のの作り方 


【材料】

3人分くらい

  • 米 2合

  • 新生姜 60g

  • 油揚げ 1枚

  • 顆粒和風だし 小さじ1

  • 薄口醤油 大さじ1と1/2

  • みりん 小さじ2

  • 酒 大さじ1



【作り方】

1.お米を洗ってザルに上げ、そのまま30分くらい置きます。


2.新生姜を洗って皮をスプーンでこそげ落とし、
薄切りからの千切りにします。


3.油揚げを5㎜幅、4~5長さの細切りにします。


4.炊飯器の内釜にザルに上げておいた米を入れて、
薄口醤油、みりん、酒、顆粒和風だしを入れ、
その後、普通に2合の目盛りで水かげんします。


5.新生姜と油揚げを入れて普通に炊きます。


6.炊き上がったらしゃもじで天地を返します。


※油揚げを1/2枚にして、
鶏もも肉60gを小さく切ったものを入れても良いです。


新生姜の旬っていつなの?


生姜の本来の旬は
9月~11月の秋口ですが、


今は生姜もハウス栽培されていますので、
地域によって


春先に出回る新生姜

初夏に出回る新生姜

夏に出回る新生姜


があり、真冬以外、春から秋にかけてだいたい
いつでも新生姜が売られています。



スポンサードリンク



【ダイエットレシピ】新生姜の炊き込みご飯 まとめ


ひね生姜だと、炊き込みご飯にここまでの量を入れると
ツン、とくるしげきがありますが、


香りが柔らかい新生姜ならではの、
たっぷり千切りを炒れた炊き込みご飯です。


新生姜以外の具は、
基本のレシピはシンプルに油揚げだけですが、


追記した鶏もも肉の他、


鯛などの白身魚の切り身を焼いて
お米の上に乗せて炊き、


炊きあがったら身をほぐして混ぜてもいいですよ。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント