山椒 パスタ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

【ダイエットレシピ】山椒の効果を生かした鶏肉・九条ネギのパスタ

読了までの目安時間:約 4分

 

山椒 パスタ レシピ

ダイエットに役立つ作用もある山椒を使った
パスタのレシピをご紹介します!



山椒の効果


山椒にはサンショオール、シトロネラールなどの精油成分が含まれています。


サンショオールは山椒の辛味成分で
サンショオールには内臓の働きを促し、
消化を助けるなどの作用があります。


山椒の辛味は、唐辛子と違って、
舌がしびれるような感じがしますが、


これは、サンショオールが舌に触れると電気刺激となって脳に伝わるため。


その刺激によって味覚が敏感になり、食材のうまみを強く感じるようになり、
使用する塩や砂糖などの調味料の量を減らすことができます。



山椒は、葉(木の芽、地芽)、実山椒(水煮、佃煮)、
粉山椒などの形で利用されていますが、
粉山椒が一番手軽に使えるでしょう。

粉山椒 パスタ レシピ

粉山椒の保存について


山椒の香り・辛味成分であるサンショオールは、
粉山椒のパッケージを開封すると
保存はしっかり封をして空気や光を避け、
冷蔵庫または冷凍庫に入れます。


山椒の効果を生かした鶏肉・九条ネギのパスタの作り方


【材料】

2人分

  • 鶏むね肉(皮なし) 100g

  • 白ワイン 50ml

  • 九条ネギ 2本

  • オリーブオイル 大さじ2

  • パスタ 160g

  • 塩  少々

  • 粉山椒 適量



【作り方】

1.鶏むね肉を小さめのそぎ切りにします。
切ったむね肉を白ワインに漬けます。


鍋に湯を沸かし、
パスタを袋の表示通りにゆでます。


2.九条ネギは5㎜幅で斜めに切ります。
白い部分と緑色の部分に分けておきます。


3.フライパンにオリーブオイルを入れ、
鶏むね肉を入れて(漬けた白ワインはとっておきます)
中火にかけて炒めます。


4.鶏むね肉の色が少し変わったら
葱の白い部分と、白ワインを入れてさらに炒めます。


5.鶏肉に火が通ったら一度火を止めます。


6.パスタが茹で上がったら
お湯を切って5のフライパンに入れます。
塩少々を振り、葱の青い部分も入れて全体を混ぜます。


7.最後に山椒を振って
皿に盛りつけます。

※粉山椒の風味で味を感じやすくなりますので
塩の量はかなり少なめにしてみてください。


スポンサードリンク



【ダイエットレシピ】山椒の効果を生かした鶏肉・九条ネギのパスタ まとめ


和風のスパイス、という位置づけの山椒。


一番知られている使い方としては、
うなぎの蒲焼にかける

ではないかと思います。


蒲焼のような照り焼きダレ味に山椒はよく合うので、
うなぎ以外にも、
鶏肉の照り焼きに掛けることもありますね。


山椒には血流を改善したり、
舌を刺激して調味料の量が少なくてもおいしく感じさせる
といった効果がありますので、


ご紹介したパスタ料理以外にも、
味噌汁に少し入れたり、
炒め物の仕上げに入れたりして


活用してみてください。





スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント