セロリ 餃子 レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

【ダイエットレシピ】セロリと鶏むね肉の餃子

読了までの目安時間:約 4分

 

セロリ 餃子 レシピ

ダイエット中も安心して食べられる
繊維やたんぱく質が豊富で、
低脂肪な餃子です。




ダイエット中餃子を食べるときの注意点は?


餃子は、
小麦粉で作る皮に含まれる糖質が多いこと、
たっぷりの油で焼くこと


など、あまりダイエット向きではない点があります。


一方で、夕食に餃子だけを食べる、「餃子ダイエット」もあります。


餃子ダイエットでは、


朝食はバナナ1本とオレンジジュース1杯にする、
昼食は好きなものを食べてOK、
夕食では、ご飯を食べず、餃子300gだけを食べる、



というルールがあります。


餃子でダイエット、するのではなく、
ダイエット中に餃子を食べたい、ということなら、
ここまで徹底しなくても、


餃子をヘルシーな材料で手作りにする、
揚げ焼きではなく、ノンスティック加工のフライパンで少ない油で焼く、
餃子を食べるときには皮の糖質の分、ご飯は食べない



といったことに注意すればよいでしょう。


今回は、
繊維質やカリウムが豊富なセロリと、
低脂肪、高たんぱくな鶏むね肉を使った餃子をご紹介します。

セロリ 餃子 レシピ

セロリと鶏むね肉の餃子 まとめ


【材料】

2人分

  • セロリ(葉が付いた状態で) 1本

  • 鶏むねひき肉 150g

  • 生姜みじんぎり 小さじ1

  • 餃子の皮 25枚

  • 顆粒鶏がらスープの素 小さじ1/2

  • 胡麻油 小さじ1

  • 塩、こしょう 少々


※生姜はチューブのものでOK。量は好みで加減してください。


【作り方】

1.セロリは、葉、茎をみじん切りにします。


2.ボウルに刻んだセロリ、生姜、鶏むね肉を入れて
粘りが出るまでゴムベラで混ぜながらこねます。


3.2に鶏がらスープの素、胡麻油、塩、こしょうを入れてさらに混ぜます。


4.餃子の側で3のタネを包みます。


5.フライパンに焼くためのサラダオイル(大さじ1)を入れて
餃子を並べてから火にかけます。


水少々を回しかけて蓋をし、中火で5分くらい焼きます。
蓋を外して、水気を飛ばして
こんがりと焼き目をつけます。



スポンサードリンク



【ダイエットレシピ】セロリと鶏むね肉の餃子 まとめ


餃子に入れる野菜は、
ネギ、ニラ、キャベツ、白菜などが一般的ですが、
中国ではセロリを入れた水餃子などもあるそう。


セロリの葉には、茎の約2倍のβカロテンが含まれており、
血流をよくするピラジンという成分も含まれています。



葉はすぐに黄色く枯れてきてしまうので、
できるだけ新鮮なセロリを選び、
買ってからすぐに使うのがおすすめです。


餃子以外にも、
セロリの葉とちりめんじゃこと一緒にゴマ油で炒める、
などの食べ方でもおいしいです。


にんにくやニラなどのニオイが気になる材料を使っていない点も
女性には嬉しいですね。




スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント