ダイエットレシピ サバサラ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

【ダイエットレシピ】サバ缶で作る簡単サバサラ

読了までの目安時間:約 4分

 

サバサラ ダイエットレシピ

新潟県三条市にある「酒場カンテツ」の
名物料理「サバサラ」、


血液サラサラ・ダイエット効果も
期待できるレシピをご紹介します!



サバサラとは?


新潟県三条市の
「酒場カンテツ」から広まった、


サバの水煮缶を玉ねぎを使った
料理がサバサラです。


「酒場カンテツ」が
作り方をネット上に出して、
「サバサラをひろめてください!」と言っていることもあり、


新潟以外の各地の人たちが
自分で作ったサバサラを
SNSにアップするのが流行り、


NHK「あさイチ」でも取り上げられました。


サバサラの作り方


サバ缶1個分

【材料】

  • サバの水煮缶 1個

  • 玉ねぎ 1/2個

  • マヨネーズ 3回転

  • 刺身醤油 1回転

  • 一味唐辛子 3振り



※回転?というのが最初よく分からなかったのですが、
サバ缶の中身を、缶に詰まっている形通りに
抜いて、その上にくる、と回しかけるのが1回転、
とうことです。


【作り方】

1.サバ缶のまわりをよく拭きます。
玉ねぎを粗みじんに切り、薄い酢水に15~20分漬けて
ザルにあげて水を切ります。


2.お皿の上に、蓋を開けた水煮缶を置きます。


3.サバ缶の中身に、
マヨネーズの蓋の細く出る口から
3回転マヨネーズをかけます。


4.サバ缶に、粗みじんに切った玉ねぎを
山盛りに乗せます。


5.玉ねぎの上から刺身醤油を1回転かけます。


6.一味唐辛子を振ります。


ポイント


缶ごと、というのが、
お店のメニューとしてはインパクトがあるの
だと思いますが、


家庭で食べるときには、
お子さんがいる場合など、


缶ごとでは食べにくいかもしれません。


ちなみに、お店では先われスプーンを
出しているそうです。


缶詰の中身を器にあけてから
同じように作ってもOKです。


ただし、


サバの栄養は、
煮汁にも出ているので、
缶の中の汁も一緒に盛り付けてください。


サバサラ ダイエットレシピ

サバのダイエット効果


サバに多く含まれているEPAは、
腸から分泌されるホルモンGLP-1の量を
増やします。


GLP-1には
食欲をコントロールしたり、


血糖値を下げるインスリンの分泌を促し、
血糖値を上昇させるグルカゴンの分泌を抑制する、


といった作用があり、
ダイエットをサポートしてくれます。


EPAはサバの脂肪に多く含まれているので、
旬の脂がのったサバを加工した缶詰を食べれば、


1年中、EPAの多いサバを食べることができます。


玉ねぎのダイエット効果


玉ねぎに含まれる
硫化アリルとケルセチンは
血液をサラサラにして、


結果、血流が良くなり
代謝がアップします。


また、玉ねぎに含まれる
オリゴ糖には腸内環境を整えて
お通じを良くする作用があります。



スポンサードリンク



【ダイエットレシピ】サバ缶で作る簡単サバサラ まとめ


ダイエットに効果的な栄養素が多い
サバ缶と玉ねぎを組み合わせて


しかも、火を使わずに簡単に
作れるサバサラ。


量は目安なので、
もっと玉ねぎを増やしてもいいです。


好みでレモン汁を絞っても
さっぱりいただけます。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント