わかめ ポテトサラダ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

【ダイエットレシピ】わかめ入りポテトサラダの作り方

読了までの目安時間:約 4分

 

わかめ ポテトサラダ

ダイエット中は避けることが多い、糖質中心のポテトサラダですが、
食物繊維が豊富なワカメをたっぷり入れると、
満足感もアップして、ダイエット向きになります。



わかめの栄養


海藻であるわかめには、
水溶性食物繊維が豊富。


水溶性食物繊維は
糖質や脂質の吸収を抑えてたり、


血糖値の急上昇を防ぐ作用がありますので、


糖質が多いじゃがいも、脂質が多いマヨネーズを使った
ポテトサラダにプラスするにはうってつけです。


また、わかめには、抗酸化作用があるβカロテンが含まれていますので、
美肌にも効果的です。

わかめ ポテトサラダ

わかめ入りポテトサラダの作り方


【材料】

2人分

  • じゃがいも 2個(200gくらい)

  • 乾燥ワカメ 3g

  • 玉ねぎ 1/4個

  • ももハム 1枚

  • かいわれ大根 適量

  • ゆで卵 1個

  • マヨネーズ 大さじ2

  • 塩こしょう 少々



【作り方】

1.乾燥わかめを水で戻してからキッチンペーパーに包んで
水気を絞っておきます。

玉ねぎは薄切りにしてさっと水にさらして水気を切り、
ハムは細切りにします。
ゆで卵は殻をむいて、ざく切りにします。


2.じゃがいもを茹でます。

じゃがいもを洗って
皮付きのまま、かぶるくらいの量の水と鍋に入れて中火にかけます。

竹串がすっととおるまでゆでます。


※電子レンジを使う場合は、じゃがいもを洗って
皮付きのままポリ袋(電子レンジ使用可能なもの)に入れるか
ラップに包んで、
500wの電子レンジで5、6分加熱します。


3.じゃがいもがやわらかくなったら熱いうちに皮をむいて
ボウルに入れて木べらでつぶします。
玉ねぎを混ぜます。


※冷えてからつぶすと粘りが出てホクホクにならないので
熱いうちにつぶします。

また、じゃがいもが熱いうちに玉ねぎを混ぜると
玉ねぎがやや加熱された状態になります。


4.ハム、ゆで卵、わかめ、マヨネーズを入れて混ぜます。
塩こしょうで味を調えます。


5.器に盛り付け、洗って水けをきったかいわれ大根を
トッピングします。



じゃがいもにもダイエット向きの栄養成分が


じゃがいもには、
レジスタントスターチ、という成分が含まれています。


レジスタントスターチは、
食物繊維のように、
脂質や糖質の吸収を抑えたり、
腸内細菌のエサとなって腸内環境を整えたりする、という作用があります。


炊いたご飯を冷やすとレジスタントスターチが増えることを
利用した「冷ご飯ダイエット」と同じように、


じゃがいもも冷蔵庫で冷やすと
レジスタントスターチが増えるので、
ポテトサラダを作ったら、一度冷蔵庫に入れて数時間冷やすとよいですね。


一度冷やしたら常温に戻してから食べても効果は変わりません。


スポンサードリンク



【ダイエットレシピ】わかめ入りポテトサラダの作り方


数分間水で戻すだけで使える
乾燥わかめは、


海藻類の中でも使い勝手がよく便利ですが、


味噌汁に入れるくらいしか
使い方が思いつかない・・・


という人もいるのでは・・・?


レタスなどの生野菜のサラダに
トッピングするのもいいですし、


今回ご紹介したように、
ポテトサラダに混ぜてもおいしいですよ。


わかめの水溶性食物繊維の効果で
ダイエット中でもポテトサラダを食べやすくなりますので、
試してみてくださいね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント