親子丼レシピ えのきだけ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

【ダイエットレシピ】えのきと鶏むね肉の親子丼

読了までの目安時間:約 4分

 

親子丼 えのきだけ

ダイエット中に向いている
えのきだけでボリューム感を出した親子丼の
作り方をご紹介します。



丼物をダイエット向きにアレンジするには?


丼物は、
普通にお茶碗でごはんを食べるときと比べて
ご飯の量が多い、という点が


まず、ダイエット向きではないので、


ご飯を100g程度の「軽く茶碗1杯」の量に押さると、
それだけ糖質、カロリーオフになります。


上に乗せる具には水溶性・非水溶性食物繊維が多い野菜などを使い、
また、肉・魚・卵と言ったたんぱく質の食材も使いましょう。


これで汁物を添えれば
1食でバランスの取れた食事にすることができます。

親子丼 えのきだけ

今回は、親子丼に、水溶性食物繊維が豊富で
低カロリーのえのきだけを使ってカサを増し、
鶏肉は、皮なしのむね肉で脂質をカットします。


水溶性食物は、糖質の吸収を抑えてくれるので、
ご飯ものを食べるときにはキノコ類を一緒に食べると
食後血糖値が急激に上がりにくくなります。



えのきと鶏むね肉の親子丼


1人分

【材料】

  • 鶏むね肉(皮なし) 1/2枚

  • えのきだけ 1/2枚パック

  • 長ネギ 1/3本

  • 卵 1個

  • ごはん 100g

  • 醤油 大さじ1

  • みりん 大さじ1

  • 水 50ml

  • 顆粒和風だし 小さじ1/4

  • 三つ葉または青ネギ 適量


※長ネギの代わりに、玉ねぎ1/4個でもよい。
玉ねぎの場合は、薄いくし切りにします。


【作り方】

1.鶏むね肉を一口大のそぎ切りにします。
えのぎは石突を落として長さを半分に切り、
長ネギは斜め薄切りにします。


2.小さめのフライパンに、醤油、みりん、水、顆粒和風だしを入れて
長ネギ、えのきを入れて中火にかけます。


煮立ったらフライパンに蓋をして弱火にして1分くらい煮ます。
蓋を外して鶏むね肉を入たら、再び蓋をして、3分程度煮ます。


3.フライパンの蓋を外し、鶏肉に火が通っていったら
卵を溶き入れてフライパンを揺すりながら30秒加熱し、
蓋をして火を止め1分間蒸らします。


4.小さめのどんぶりに分量のご飯をよそい、
3の具を乗せます。
上に切った三つ葉か、小口切りの青ネギをあしらいます。



スポンサードリンク



【ダイエットレシピ】えのきと鶏むね肉の親子丼 まとめ


鶏肉は、皮、また皮と実の間の脂肪に、脂質が多いので、
むね肉を使う場合も、カロリーオフするには皮を取り除いたものを
選びます。


むね肉は固くなりやすいので、
薄くそぎ切りにして火どおりを早くし、
強火で長時間加熱することは避けます。


えのぎだけのとろーっとした食感がご飯にあい
ダイエット中でなくてもえのきだけ入り親子丼を定番にしたくなるかも?





スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント