ヤーコン レシピ ヨーグルト

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

腸内環境のための最強レシピ・ヤーコンのハチミツヨーグルト和え

読了までの目安時間:約 4分

 

ヤーコン ヨーグルト

from: 小西はるか
@自宅リビング

腸によいヨーグルトとヤーコン、組み合わせていただけるレシピです。



ビフィズス菌などの乳酸菌を増やすオリゴ糖がたっぷりのヤーコン

見た目はおいものようで、食感はシャキシャキ、
味は甘味のあるフルーツのようなこの
ヤーコンを美味しく手軽に食べられるデザートレシピです。


ヤーコンのハチミツヨーグルト和え


材料

1人分

  • ヤーコン 50g(お好みで量を調整してください)

  • はちみつ 少々

  • ヨーグルト 100g


作り方

1.ヤーコンの皮を厚めに剥き、1cm角くらいの
さいの目切りにします。
30分程度水にさらします。


2.角切りヤーコンの水を切ってボウルに入れます。
ヨーグルトをかけてなじむように混ぜます。
できれば、10分程度置くとよいです。


3.ヤーコンにはちみつがなじんだら、
ヨーグルトをかけて混ぜてでき上がりです。





私は最近、千本松牧場の
生乳100%ヨーグルトにはまっています。


酸味がすくなめでクリームみたいなんです。


作り方のポイント



ヤーコンは皮を厚めに剥いてください。
皮近くは渋く、甘みも薄いので気を付けましょう
中心部分に近い程甘くフルーツのような味になります。


また、生のまま食べるときには、時間がたつと色が黒ずんできますので、
しっかり水にさらします


ヤーコンは食べるとじゃがいもに少し似た風味が口の中に残ります。
苦手な方はハチミツを多めに、ヤーコンの風味や甘味を楽しみたい方は
ハチミツ少な目がお勧めです。


ホットヨーグルトで作るには?


胃腸を冷やさず、乳酸菌による腸のはたらきの活性化や、
カルシウムの吸収によい、とされている
ホットヨーグルトで


この「ヤーコンのはちみつヨーグルト和え」を作る場合は、


ヨーグルト100gにラップをせず、500wの電子レンジに40秒程度かける
または60度くらいの湯銭にして混ぜながら温めて


温かい(62度以上にしないように)ヨーグルトを作り、


ヤーコンは上の作り方と同様に、
切って水にさらして、はちみつをかけておきます。


そして、はつみつをからめたヤーコンに
ホットヨーグルトを混ぜてできあがりです。


スポンサードリンク




腸内環境のための最強レシピ・ヤーコンのハチミツヨーグルト和えのまとめ


ヤーコンには様々な栄養が含まれていますが、
特にフラクトオリゴ糖が多く含まれています。


フラクトオリゴ糖は乳酸菌のエサとなって
腸の調子を整えてくれるので、


乳酸菌を多く含むヨーグルトとヤーコンを一緒に食べることで
腸内環境の改善により効果があります。


さらに、フラクトオリゴ糖は、糖分でありながら虫歯菌の栄養源にならない、
という特性があります。虫歯を気にするお子様のおやつにもぴったりです。


ヤーコンを切って水にさらすところで少し時間がかかりますので、


朝食に食べたいときには、
前の晩にヤーコンにはちみつをなじませるところまで
準備します。


あとは、混ぜるだけですからすぐに作れます。


朝の忙しい時やちょっとしたおやつ、
お腹にも、歯にも優しいヤーコンを使ったレシピで
健康的に過ごしましょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント