豚肉 食べ合わせ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

美容・ダイエットによい豚肉の食べ合わせは?

読了までの目安時間:約 4分

 

豚肉 食べ合わせ

良質なたんぱく質とビタミンB1が豊富で、
代謝を高める作用がある豚肉。


より効果的な食べ合わせとは?



豚肉の栄養


豚肉にはたんぱく質、脂質の他、
ビタミンB群が豊富に含まれています。


特に、ビタミンB1は牛肉の10倍もの量が
含まれています。


ビタミンB1には糖質をエネルギーに変える代謝を
助ける働き、


皮膚や粘膜を粘膜を健康に保つ働きがあり、


ダイエット、美容のためにも欠かせない栄養です。

豚肉 食べ合わせ

豚肉×ニンニク・葱類


ビタミンB1は、豚肉だけを食べても、
吸収があまり良くありません。


ニンニク、
玉ねぎ、葱、
ニラ、



などのユリ科の野菜に含まれる
辛味とニオイの成分である
アリシンは、


豚肉と一緒に食べると
ビタミンB1の吸収率を上げてくれます。


豚肉×キャベツ


キャベツの食物繊維が
豚肉の脂肪分の吸収を抑えます。


またキャベツにはビタミンCが豊富で、
豚肉に含まれるたんぱく質と
組み合わせると、


コラーゲンが増加し、ハリのある肌を
保つ作用があります。


食物繊維とビタミンCが多い、という意味では
豚肉に大根おろしを合わせるのもおすすめです。


豚肉×さつまいも


さつまいもは、
野菜中でも特に多くのビタミンEを含んでいます。


ビタミンEには強い抗酸化作用があり、
老化の原因となる過酸化脂質の発生を
抑える働きがあるので、


脂肪分の多い豚肉を食べるときに
さつまいもを組み合わせるのがおすすめです。


油脂類の中では
オリーブオイルにはビタミンEが多く含まれているので、
豚肉を調理するときにオリーブオイルを使うのも
よいです。


豚肉×トマト


豚肉を食べすぎると、
ピルビン酸という疲れのもととなる物質が
増えてしまいます。


そこでトマトのような
クエン酸を含むものと一緒に食べると、


ピルビン酸がクエン酸に変わります。


また、クエン酸は、糖質をエネルギーに代える
代謝を促す働きもあるので、


豚肉に含まれるビタミンB1と一緒に摂ることで
糖質がエネルギーに変わりやすくなります。


トマトだけではなく、
クエン酸を含むレモン、酢、梅干しなどにも
同じような効果があります。



スポンサードリンク



美容・ダイエットによい豚肉の食べ合わせは? まとめ


愛称が良い食べあわせ、
とされているものは


だいたい、昔から
その食材を使った料理がありますよね。


1つの料理の中に、
全部を入れることはできないので、


たとえば、


玉ねぎ、ニンニク、
豚肉で生姜焼きにしたら、


付け合わせはトマト、キャベツの千切りに
レモン汁をかける、


おみそ汁にさつまいもを入れる、


など一緒食べるほかの料理でも
食べ合わせを考えるとよさそうです。


参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント