玉ねぎ茶 作り方 飲み方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

玉ねぎの皮茶の作り方・飲み方

読了までの目安時間:約 4分

 

玉ねぎの皮茶

玉ねぎの茶色い皮には
美容や健康に良い栄養が、普通食べている
部分よりも多く含まれています。


玉葱の皮の栄養を摂ることができる
お茶の作り方をご紹介します!



玉ねぎの皮の栄養って?


玉ねぎの皮には、
ケルセチンというポリフェノールの一種が
多く含まれています。


ケルセチンには抗酸化作用があります。



肌のハリを支えるコラーゲンの減少を防いだり、


紫外線による刺激から肌を守る


脂肪の吸収を押させる


などの効果があります。


ケルセチンは、玉ねぎの皮だけでなく、
ねぎとして
食べる部分にも含まれているのですが、


皮にはその数倍の量のケルセチンが
含まれています。


茶色く固くなった皮は
食べることはできませんが、

成分を煮出した「お茶」にして、
皮のケルセチンを摂ることができます。


玉ねぎの皮茶の作り方


【材料】

1回に作りやすい分量

【材料】

  • 玉ねぎの皮 3個分

  • 水 500ml


【作り方】

1.玉ねぎの皮と水を小鍋に入れて火にかけます。


2.沸騰したら火を弱めて3分間煮出します。


3.皮を濾して飲みます。

玉ねぎの皮茶

玉ねぎの皮茶の飲み方


玉ねぎの皮茶の飲み方や飲む量について
調べてみたのですが、


市販品の場合で、


1日に1、2杯を目安に、
普通のお茶のように、喉が渇いたときなどに
飲めばOK、とのことです。


水500ml・玉ねぎの皮3個分で作った量を
1日で飲みきる、くらいが目安になるでしょう。


また、少量の
塩、コンソメ、しょうゆ
などを足してスープとして飲んでもよいです。


玉ねぎの皮の保存方法


玉ねぎの皮茶を作る度に、
3個の玉ねぎの皮を剥くのは大変なので、


料理で玉ねぎを使うときに、
皮を取っておくとよいでしょう。


その際、皮に水分が多いまま常温においておくと、
かびたり傷んだりしてしまいますので、


ネットなどに皮を入れて、
風通しの良い場所につるして
乾燥させます。


また、ジッパー付き冷凍保存袋に入れて
冷凍しておいてもよいです。


皮を剥いた後の玉ねぎの本体は
すぐに料理に使わない場合は
ジッパー付冷蔵保存袋に入れて野菜室で保存します。


スポンサードリンク



玉ねぎの皮茶の作り方・飲み方 まとめ


玉ねぎの皮の活用方法としては、


染色に使うか、


スープストックに入れる


ことは知っていたのですが、


色や風味だけではなく、
抗酸化作用がある栄養分が含まれているのですね。


ただ、作り方は簡単なのですが、


玉ねぎをよく料理に使う家庭で、
1日に1人分だけ作るとしても


毎日、3個分の玉ねぎの皮を使って
作り続けるのは大変かと思います。


自分で何回か作ってみて
味など、続けられそうなら
市販の玉ねぎの皮茶を使ってもいいですね。




スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント