花粉症 肌荒れ 皮膚の症状

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

春の肌荒れは花粉症の症状かも?

読了までの目安時間:約 5分

 

花粉症 肌荒れ

春におこる肌荒れは
花粉症が原因かも知れません。


スポンサードリンク



明るく、温かい季節、というイメージの春ですが、
意外と、肌の調子を崩しやすいという人が多いです。


急に紫外線も強くなってきますし、
風が強い日も多いので、
アレルギーでなくても肌荒れすることがありますが、


中には、花粉症が原因の
皮膚炎である場合もあります


花粉症による皮膚炎(肌荒れ)の体験談を
ご紹介します。


花粉症による肌荒れの体験

私は新潟県出身ですが、
東京に進学した一年目に酷い花粉症を発症しました。


それまでアレルギー体質ではなく、
花粉症の症状も全くなかったので本当に辛かったです。


進学した四月頃から鼻水や喉のイガイガ、
目の痒みが出るようになりました。
最初は花粉が原因だと気付かなかったのですが、


家にいるときは症状が和らぎ、
外出した際や特に午後から夕方に
酷くなるので花粉症なのでは?と気付きました。


それからはマスクを着用し、
目薬や喉スプレーを愛用して症状を誤魔化していました。


そんなときに、
皮膚にまで症状が出るようになりました。


特に頬や手の甲が赤くなり、カサカサと乾燥していました。
触るとザラザラしていて湿疹のような感触もありました。


花粉症以外の原因も考えましたが、
特に思い当たる原因はありませんでした。


なにより、鼻水や喉のイガイガから咳や鼻ずまりに苦しむようになり、
その症状が酷くなることに
合わせて皮膚に症状が出ていたので、


花粉のせいなのでは?と思いました。


やはり外出して花粉に晒されると、
頬や手の甲が痒くて仕方ないので、辛かったです。


花粉症肌荒れ
特に顔は化粧するのも気が引けるくらい、
赤みと痒みに苦しみました。


目立つので、
本当に恥ずかしかったです。


また、化粧で隠すと、
より、肌に負担をかけて荒れてしまう
という悪循環でした。


あまりにも酷い赤みと痒みだったので、
皮膚科を受診し、ステロイド入りのクリームを処方されまさした。
やはり、原因は花粉だと言われました。


そのときに外出する際は露出をなるべく避け、
手は夏用の手袋をし、顔はマスクや眼鏡などで隠すように
とアドバイスをされました。


また、外出から帰った際は手洗いうがいはもちろん
、洗顔もするようにと言われました。そ
れからは、きちんと手洗いうがい洗顔を心がけました。


洗顔後はいつもより丁寧に保湿をし、
寝る前にステロイドクリームを薄く塗るようにしました。
そのお陰で三日程度で綺麗な肌に戻りました。


また花粉に晒されると皮膚に症状が出ると思いましたので、
ステロイドクリームをやめた後も
手洗いうがい洗顔を徹底しました。


洗顔時は、ごしごし擦ると荒れが酷くなるので、
優しく泡で洗うように気を付けました。


保湿をする際もコットンは使用せず、手のひらで包むようにして化
粧水を浸透させるようにしました。


また外出から帰った際は洋服を着替え
るなど、花粉が付着したものとはできる限り
接触しないように気を付けました


それからは肌荒れは軽くなり、
お化粧も通常通りに出来るようになりました。



スポンサードリンク



花粉症による肌荒れの体験・まとめ


赤味や、かさつき、かゆみなど皮膚の炎症
だけでは、
それが花粉症かどうかはなかなか判断が付きません。

  • 他に花粉症の症状がある、

  • ある季節にだけ強く症状が出る。

  • 化粧品を変えた、など他に思い当たる原因がない、


のでしたら、花粉症が原因かも知れません。


皮膚の炎症で特にかゆみがあると、
掻くことで傷になってさらに症状が悪化したり、


かゆさで眠れない、などのストレスが
余計に症状を強めることがあるので、


肌荒れくらい、と思わず、
一度皮膚科を受診したほうがいいですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント