寝るとき スウェット 

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

寝るときのスウェットは睡眠の質を下げる?正しいパジャマの選び方とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

スウェット パジャマ

パジャマ以外で寝ると睡眠の質が落ちる
それって本当?




寝るときはパジャマ?Tシャツ?


部屋着兼用のスウェットやジャージで
寝ている人って多いと思いますが,


実はスウェット・ジャージは
質の良い睡眠を妨げている、
というデータがあります。



日本では、寝るときに着るものについて
パジャマとスウェットやTシャツなどの部屋着の割合は
おおよそ、半々になっています。


ちなみにアメリカの映画やドラマでは
ランジェリー姿で寝ている女性がよく登場しますが
あれはリアルでもそうなのだとか。


ところが、ワコールとオムロンの共同実験では、
パジャマとパジャマ以外の人では


寝つきにかかる時間がパジャマ以外の人が9分長く、
夜中に目が覚める回数はパジャマの方が0.5回少なかった、



という結果が出たそうです。


ただ、この数字は平均値なので、
個人による差が大きい、とされています。

スウェット パジャマ

良いパジャマの条件とは?


昼間来ている服からパジャマなど別の服に
着替えて寝る理由は、


  • 体を締め付けから解放させる


  • 汗を吸収し、布団の中の湿度を適切に保つ


  • 新陳代謝が活発な夜に向けて清潔な衣服を着る


  • これから休息モードに入る、という入眠儀式




といった意味があります。



スウェットやジャージが寝るときにはダメな理由


寝るときに着られることが多い
パジャマ以外の服の中でも


特に睡眠の質を妨げる


と言われているのは、
スウェット、ジャージです。


その理由は、


  • 厚手なので汗が蒸散されにくく湿気や熱がこもる

  • スポーツジャージなどのポリエステル素材のものは汗を吸わない


  • 部屋でくつろいだりコンビニ行くときと同じ格好では「寝る前に必ず○○する」という入眠儀式にならず寝付きにくい



といったことがあげられます。


寝るときに最適な服装とは?


パジャマ、という名前で売られていても、
デザイン重視でポリエステル100%のものもありますし、


ゆったりしたロングTシャツと
ユニクロのリラコのようなパンツ、という
組み合わせであれば、


「パジャマ」はなくてもよく眠れる服装の
条件は満たせますよね。


そこで、もう一度寝るときの服装の
条件をチェックしましょう。

  • 体を締め付けないゆったりしたデザイン、サイズのもの


  • 寝乱れしにくいもの

    厚手過ぎない天然繊維で吸湿性が良い


ことが生地やデザインの条件です。


そして、Tシャツや薄手のリラックスウエアを
寝るときに着るとしても、


日中着ていて汗や垢がついたものでそのまま寝ないで
清潔なものに着替えてください。


できれば、「寝るとき専用」のものを用意して入眠儀式を作る


ことが望ましいです。



スポンサードリンク



寝るときのスウェットは睡眠の質を下げる?正しいパジャマの選び方とは? まとめ


スポーツ用のジャージや、
厚手のスウェットはそもそも
生地や作りが睡眠に向いてない、


ということは納得。


また寝るときには清潔なものを身に着ける
「寝るときに着るもの」を区別することで
寝付きやすくする、


という理由もわかりました。


ただ、だからといって
絶対に「パジャマ」を着なければいけないか、


というと


吸湿性やゆとり、清潔


といった条件を満たしていれば
Tシャツでも問題はなさそうです。


参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント