インフルエンザ 家族感染 防ぐ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

家族全員インフルエンザA型B型に感染・家族感染の防止法は?

読了までの目安時間:約 6分

 

インフルエンザ家族感染

子供から始まって
家族全員インフルエンザに、
ってよくありますよね。


スポンサードリンク



幼稚園に通っている子供から、
家族全員がインフルエンザの
A型、B型の両方に感染した人の体験談です。


2014年の家族インフルエンザ感染体験


2014年1月に、幼稚園に通っている長男が
インフルエンザに罹りました。


喉が痛いと咳をしていて
夕方から39度を超える高熱が出たため


翌朝小児科へ行き、
検査の結果インフルエンザA型でした。


インフルエンザ家族感染
高熱が3日続き、嘔吐もはげしく、
冬なので汚れた衣類や
布団の洗濯物が乾かず、


除菌なども大変でした。


乾かない服はコインランドリーを使えば良かった、
と今になって思います。


インフルエンザを発症して5日くらいで
長男は熱も下がり、


咳と鼻水が少し残っているものの
元気になりました。


しかし、看病していた私に
同じインフルエンザA型がうつり、
咳と吐き気、悪寒、頭痛、高熱という症状が出ました。


咳もしんどいのですが、
高熱でめまいと吐き気があり、
一番辛かった症状は頭痛でした。


1日中頭が割れそうに痛み、
咳が出て声もかすれ、


頭痛と吐き気のせいで寝ることもできず、
本当に辛くて泣いてしまいました。


長男はすっかり元気になりましたが、
私が寝込んでいるので退屈になり妹に悪さをしたり、
部屋を散らかしたりして


私はイライラと頭痛で精神的に参っていました。


夫も仕事が多忙なため帰宅も遅く、
自分の両親は遠いところに住んでいるので
呼ぶことができず、


手が空いていた義父に助けを求め、
食材の買い出しや子守をお願いしました。


義父はマスクをしてお手伝いに来てくれ、
家事や子守を助けてくれました。


もっと早くにお願いをしていたら
もう少し楽だったかもしれませんが、
本当に有難かったです。


私がようやく回復した頃、
夫が咳と熱で病院を受診したところ、
やはりインフルエンザA型。


高熱と吐き気、咳が主な症状でした。
夫は3日ほどで回復し、
その後一週間は皆元気だったのですが、


忘れかけた時期に
一番下の2歳の娘が咳と鼻水で目も充血。


翌日38度の熱、夕方は40度近くになったため
救急外来へ行きました。
検査の結果は予想通りインフルエンザA型でした。


高熱で食べることができず
吐くこともありましたが、


抗インフルエンザウイルス薬を飲ませ
おとなしく寝てくれていたために比較的軽い症状でした。


翌日は食欲もあり、
熱も少し下がり、
一番早く回復したのが2歳の娘だったように思います。


家族全員がインフルエンザA型にかかり大変だったのですが、
3月の半ばにまた長男がインフルエンザB型に罹りました。


こちらはA型より高熱が続かず、
咳や鼻水も出ていましたが軽めの症状でした


その2日後に下の娘もうつり、
私もうつり咳が止まらなくなりました。


最終的に夫もまたうつり、
2014年は家族全員がインフルエンザA、B型の両方に罹ってしまいました。


どうしても長男が幼稚園からもらってきてしまうので、
子供の感染については防ぎようがないところもあるのですが


手洗いうがいを徹底し
早めに病院へ行くことが大事だと思いました。


スポンサードリンク



インフルエンザの家族感染を防ぐには?


子供がインフルエンザに罹ると、
看病をするお母さんはどうしてもうつってしまいがち
なのですが、


できるだけ家族感染を防ぐ方法について
まとめておきます。

  • インフルエンザに罹った家族を隔離する

家の構造や広さによっては難しいかも知れませんが、
できるだけ、離れたところにいてもらうようにします。


  • 家の中でもマスクを徹底する

インフルエンザはくしゃみや咳などによる
飛沫感染です。


不便ですが、マスクをして呼吸器系の粘膜に
ウイルスが触れることを防ぎましょう。


  • 手洗いうがいを徹底する。

インフルエンザに罹った家族の看病をした後などに
徹底しましょう。


  • 鼻をかんだティッシュなどは密閉して捨てる。

これは意外と盲点だと思います。


  • 症状が軽くなってもまだウイルスを出しています!

症状が軽くなったらインフルエンザに罹っていた人も
マスクをして、まわりにうつさないようにします。


  • 抗ウイルス薬を飲むなら早めが肝心です。

できるだけ早く病院に行きましょう。


参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント