子供 インフルエンザB型 症状

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

子供のインフルエンザB型の症状は?(体験談)

読了までの目安時間:約 5分

 

インフルエンザB型子供

子供がインフルエンザB型に罹った場合、
どんな症状が出るのでしょうか?



お子さんが2人ともインフルエンザB型
になった人の体験談をご紹介します。


子供のインフルエンザB型の症状(体験談)


2014年1月に当時6歳の長女が
インフルエンザB型と診断されました。


最初は風邪のような症状で咳や鼻水が出ていました。
咳がひどくなってくるのと同時に
38度の熱が出ました


翌日病院で病院で検査した結果が
インフルエンザB型でした。


風邪を引いていて免疫力が弱まったところで
インフルエンザに感染したのかもしれませんが、
咳は最初から出ていました


家庭内感染予防のため、
昼は長女を1人別の部屋に隔離して
私(母親)と長女は24時間マスクを着用しました。


長女の症状は、
熱は38度前後を上がり下がりを繰り返し
3日ほどでしたが、


発熱から2日目に嘔吐しました。
30分ほどで3度嘔吐し、
吐き気止めの座薬を使いました。


そして、その日の午後に当時2歳の次女に感染、
次女は突然39.5度の高熱でした。


その日の夕方病院に行き検査の結果同じく
インフルエンザB型と診断されました。


長女は嘔吐が1番辛かったように思います。


嘔吐した日はぐったりしていて食欲も0でしたが、
熱は38度前後で3日ほどで下がり
その後食欲も少しずつ回復してきました。


熱が下がってからも咳はしばらく続いていました。
熱が下がった後の方が咳はひどくなったように思います。


インフルエンザB型子供

次女には感染してしまったものの、
私は感染予防に
R1ヨーグルトを毎日食べ続けました。


そして、24時間マスク着用も続けました。
消毒には次亜塩酸ナトリウムを使いました。


布団やシーツ、枕カバーは可能な限り毎日洗濯をしました。
次亜塩酸ナトリウムのスプレーを
毎日部屋中にまきました。


加湿器、空気清浄機は24時間フルに使いました。
次女に感染してしまってからは隔離することはやめました。


次女は39~40度という高熱で、
ぐったりしていて食欲が0の状態が3日程続きました。
解熱剤をつかいながら水分をとらせることが精一杯でした。


4日目の朝37度前半まで下がり
食欲も回復してきて安心しました。


が、まる1日37度前半から平熱をキープした
翌日にまた38.5度と上がりました。
その後38度程の熱が2日続きました。


2度目に熱が上がった時は、
熱に慣れたのか比較的元気ではありましたが、
食欲はありませんでした。


結局熱が完全に下がるまで6日間でした。
次女は発熱翌日頃から咳が出始め、
咳は最初の熱が下がった頃からひどくなりました。


結局私には感染しないで終わりましたが
長女、次女、私3人とも予防接種は
しっかりうってありました。


軽く済んだ方なのかもしれませんが、


長女の嘔吐にしても、
次女の高熱が長く続いたことにしても、
辛くて大変な長い時間でした。



スポンサードリンク



子供のインフルエンザB型の症状・まとめ



インフルエンザB型は、
A型と比べて、突然38度以上の熱が出ないこともあり、
風邪と思いこんだまま終わってしまうことも多い


と言われていますが、
症状の出方には個人差があります。


B型は消化器や気管支に炎症を起こしやすく、
咳、吐き気、嘔吐の症状が出やすいとも
言われていますね。


以前はインフルエンザB型の流行は
2年に一度程度、とされていましたが、
最近はそれが短くなってきていると言われています。


次亜塩酸ナトリウムでの消毒について

次亜塩酸ナトリウムは、
市販の塩素系漂白剤に含まれる成分で、


ノロウイルスやインフルエンザウイルスに対する
消毒の効果がある、とされています。


ただ、


人体への影響の点から、
基本的には、消毒剤の噴霧は望ましい方法ではない
とする専門家もいます。


またインフルエンザウイルスに対しては
比較的毒性の少ないエタノールも効果がある、
と言われています。


消毒剤の使用方法や濃度については
製粉の説明書や、保健所などからの案内をよく
読んでくださいね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント