ダイエット 脂肪肝

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

ダイエットで肝臓があの病気に?!

読了までの目安時間:約 5分

 

ダイエット 脂肪肝

美容目的だけではなく、
生活習慣病の改善のために
ダイエットする人も多いですよね。


ところが、ダイエットが肝臓の病気の原因に
なってしまうことがあるんです・・・




ダイエットが肝臓に及ぼす悪影響とは?


ダイエットが原因になることがある
肝臓の病気とは


脂肪肝です。


人の体の中で脂肪は、ほとんどが
皮下組織の皮下脂肪と、腹腔内の内蔵脂肪
として貯蔵されていますが、


糖を蓄えることができる筋肉と肝臓にも
少量の脂肪があります。


ですが、こうした組織に
必要以上の脂肪がたまってしまうのが、


異所性脂肪や第三の脂肪と言われる状態です。


肝臓に脂肪がたまりすぎた状態が脂肪肝で、
かつては、脂肪がたまっているとだけでは
病気とはいえない状態、とされていましたが、


放置すると、肝臓の血液循環が悪化し、
脂肪肝炎から、肝硬変、肝がんに進行することもあり、


肝臓のさまざまな病気の
初期の段階、とされています。


脂肪肝=お酒をよく飲む人
というイメージがあるかもしれませんが、


アルコールを全く飲まなかったり、
飲んでも少量、という人の
非アルコール性脂肪肝(NASH)が


ダイエットが原因で起こることがあり、
低栄養性脂肪肝、栄養障害性脂肪肝と
呼ばれています。



ダイエットで脂肪肝になってしまう理由とは?


極端に食べるものを減らすような
急激なダイエットをすると、


体を動かすエネルギーとなる糖が不足し、
筋肉中のたんぱく質がエネルギーとして
使われます。


また、減食によるダイエット、
野菜だけ、単品だけ、といったダイエットでは、
食べものから摂るたんぱく質も不足しがちです。


ダイエット 脂肪肝
小腸で吸収されて肝臓に運ばれた脂肪は
肝臓でより小さな粒子に変えて
全身の脂肪細胞に運ばれますが、


水に溶けない脂肪はたんぱく質と
結びついてリポタンパクとなって血液中に
放出されます。


ですから、たんぱく質が不足していると
肝臓から脂肪を運び出せない状態に
なり、肝臓に脂肪がたまってしまうのです。


脂肪肝って自覚症状はあるの?


肝臓は沈黙の臓器といわれるほど、
かなり病気が進行するまで症状が出ません。


脂肪肝になっても、
肝臓自体には痛みはなく、
なかなか気が付かないことが多いそう。


脂肪が貯まると肝臓への血液循環が悪くなり
肝臓で行われているさまざまな代謝機能が低下
するため、


疲れが取れない、だるい


といった症状が出ることがありますが


正確な診断は、病院で
超音波(エコー)、CTなどで行う
必要があります。


脂肪肝を解消するには?


脂肪肝は、幸いなことに
気が付いて、生活習慣を改善すると
比較的短期間で回復しやすい症状です。


ポイントは、


軽い負荷でよいので大きな筋肉を使う運動を続けること

食事を減らしすぎないこと

睡眠を十分にとること


運動は、駅では階段を必ず使う
今までよりもペースを上げて歩く


といったことでOK。
フラのような、重心を落として脚の筋肉を
使う運動もよいです。


食事は、糖質や脂質は控えめ(減らしすぎない)、
たんぱく質、ビタミンを十分に摂るようにします。


そして睡眠を6時間以上摂ることで
成長ホルモンの分泌を促し、睡眠中の代謝を
アップします。


スポンサードリンク




ダイエットで肝臓があの病気に?! まとめ


ダイエットによる脂肪肝のリスクは、
2016年10月12日放送NHK[ガッテン!」でも
取り上げられました。


番組では、
ダイエットに成功した人25人中11人が
脂肪肝、という結果に。


痩せてもおなかの脂肪が
肝臓に移動しただけ、


といった状態です。


見た目が痩せている若い女性にも
脂肪肝が増えている、
ということなので、


急激すぎるダイエットには注意が
必要ですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント