カキ氷 アイスクリーム 頭痛

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

カキ氷やアイスクリームを食べてキーンと頭が痛くなるのはナゼ?片頭痛との関係は?

読了までの目安時間:約 4分

 

カキ氷 アイスクリーム 頭痛

カキ氷やアイスクリームを食べて
起きる頭痛の原因とは?
片頭痛と関係があるってホント・・・?





カキ氷やアイスクリームで起きる頭痛とは?


カキ氷やアイスクリーム、フラッペなどの
冷たいものを食べて起きる頭痛は
医学的には「アイスクリーム頭痛」と呼ばれています。



特に夏の暑い日に、「凍っている」レベルの冷たいもの
飲み込んだときに起こりやすく、


痛みは鼻の奥、こめかみから側頭部にかけて生じ、
数秒から数分で収まることがほとんどです。


アイスクリーム頭痛が起きる原因には
主に2つの仮説があります。


1つは、


顔や口の中の温度感覚や、痛覚を脳に伝える
三叉神経が、


極度に冷たいものを飲み込むときの喉の刺激を
痛みとして伝えるため、
というもの。


もう一つの考え方は、


喉の奥が食べ物や飲み物で急激に冷やされると、
その近くにある頚動脈も急速に冷やされて収縮しますが、


その後、体温を維持しようとして血流が増えるために
逆に血管が広がり、


その際、一時的に血管の軽い炎症が起きて、


放出された炎症性物質が、
血管や硬膜などの血管周囲に分布する三叉神経を刺激して
起こす神経原性炎症による痛みが


アイスクリーム頭痛である、というものです。


カキ氷 頭痛

アイスクリーム頭痛と片頭痛は関係あるの?


血管が拡張して起こる痛み、というのは
片頭痛の仕組みと同じであり、


数秒から長くても数分で収まるのがアイスクリーム頭痛で、


冷たいものを食べたことが誘因となって
長時間続く頭痛になるのは片頭痛と呼ばれているだけで


実は2つは同じものだ、という意見もあります。


実際、片頭痛のある人は
アイスクリーム頭痛を起こしやすい、
とされています。


アイスクリーム頭痛を予防するには?


アイスクリーム頭痛は、


冷たさと痛みの勘違い


にしても、


急激に収縮した血管が逆に拡張するため


だとしても、


原因は、


喉の奥が急に極端に冷えるため


だといえます。


夏の暑い日に起こりやすいのも、
体感温度と、飲む込むときの温度差が大きいためです。


そこで
アイスクリーム頭痛をふせぐには、

  • 口の中でゆっくり溶かしながら飲み込む


  • 温かい飲み物を飲みながら食べる



などの方法で、
喉の奥が急激に冷えないようにします。


また温度差が刺激になる、ということから
あらかじめ冷たいお茶などを飲んでも
効果があるそうです。


スポンサードリンク




カキ氷やアイスクリームを食べてキーンと頭が痛くなるのはナゼ?片頭痛との関係は? まとめ


冷たいものを食べて起きる
アイスクリーム頭痛は、
普通は一時的なものですが、


頭痛を起こしやす人にとっては
長い時間続く頭痛の誘因となることがあります。


また、頭痛がするほど急に冷たいものを飲み込むのは、
胃腸も冷やすことになってしまいますので、


ゆっくり食べる、
温かい飲み物と一緒に食べる


ことを心がけるといいですね。


参考にしてみてください!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。