インフルエンザ 症状 熱が出ない

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

インフルエンザの症状で熱が出ない場合がある?

読了までの目安時間:約 5分

 

インフルエンザ症状熱が出ない

インフルエンザというと38度以上の高熱が出る
イメージがありますが、
熱が殆どでないケースもあるそうです。


インフルエンザの症状で熱が出ない場合とは?

インフルエンザの主な症状は、


  • 38℃以上の急な発熱、
  • 頭痛、
  • 全身の関節痛や筋肉痛、
  • だるさ、倦怠感
  • 呼吸器症状(鼻水、咳、のどの痛み)


とされています。


普通の風邪との区別として
急に高熱が出る、
ということを目安にしている人は


結構多いのではないかと思いますが、


実は、最近、インフルエンザでも
あまり熱が出ないことがある、
と言われているんですね。

あるお医者さんのところでも、


家族全員インフルエンザに罹患していて、
自分も風邪っぽい、
でも自分だけ熱が出ない、


とやって来た人の検査をしたら
たしかに熱は36.0度なのに、
インフルエンザA型の陽性反応が出た、


というこことがあったそうです。


では、熱が出ないインフルエンザとは
どんな場合なのでしょうか?


B型インフルエンザの場合

じつは、典型的なインフルエンザの症状、
とされているのはA型。

インフルエンザ症状熱が出ない

A型の中でもいろいろあり、
突然変異もしやすいのですが、
総じて症状が重いんですね。


B型はA型ほど
症状が重くならないことが
多いそうです。


ですから、B型インフルエンザだと
あまり熱も出ないことがあります。


インフルエンザの予防接種を受けた場合

インフルエンザの予防接種を受けると
まったくインフルエンザに罹る可能性がゼロ
になるわけではなく、


罹ってしまう場合もあります。


しかし、その場合にも
症状が軽く、熱もあまりでないことが多いそうです。


風邪薬を飲んだ場合

風邪だと思って、
市販の風邪薬を飲んで症状を抑えている場合、


インフルエンザでも
熱はそれほど上がらないことがあります。


低体温症だとどうなるの?

平熱が35℃台、という低体温症の人が
増えているそうですが、


普段の平熱が低いと
インフルエンザになっても
あまり熱が上がらないのでしょうか?


A型インフルエンザだと低体温症の人でも39℃を越える高熱を出すこともありますし、
今まで説明してきたような原因で38℃以下のこともあります。


ただ、低体温の人は、
37度を超えたくらいでもかなりつらく感じるそうです。


それなのに、39℃熱が出てしまったら、
これは、低体温症の人にとっては
かなりツライですね。


熱はないけれどインフルエンザかどうか見分けるには?


自覚症状としては、

普通の風邪を引いたときよりも
だるさ(倦怠感)が強い、
関節や筋肉が痛い


ということが感じられたら、
インフルエンザである可能性があります。


しかし、本当にインフルエンザかどうかは、
病院で検査をしないと分かりませんので、


このような症状があったら
早めに病院に行きましょう。


インフルエンザの症状で熱が出ない場合とは?まとめ


急激に高い熱が出る、
とされているインフルエンザですが、
熱が出ない場合もあります。


熱が出ないためにインフルエンザに
罹っていることに気がつかないと、


周りの人にうつしてしまったり、

症状が進んで
肺炎などの
合併症を起こす危険もあります。


まわりでインフルエンザに罹っている人が多い
(特に同居している家族)


かつ


自分にも風邪のような症状がある、


という場合は、
病院で検査を受けるようにした方がいいですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント