アーモンド 栄養 効果

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

アーモンドを食べるだけで若返る?

読了までの目安時間:約 6分

 

アーモンド効果

From: 小西はるか
@自宅リビング


アーモンドを食べるだけで50代が見た目20代になるってホント?




おはようございます。


ちょっと前の「解決スイッチ」という番組で、
慶應義塾大学の井上浩義教授、という方が


イチオシのナッツとして、


アーモンドを勧めていました。


アーモンドには、
このブログでも「ダイエット・美容効果がある」と紹介した
クルミよりもすごいパワーがあるのだそうです。


天然サプリと呼ばれるほどのアーモンドの美容・健康効果とは?


脂質が多く、高カロリーなイメージのあるアーモンドですが


クルミにしても、ココナッツオイルにしても、
カロリーだけでは、美容やダイエットによいのか、よくないのかは
言えない、ということは、


皆さん、もうよくご存知なんじゃないでしょうか。


確かにアーモンドには脂質が多く、
100gあたり約600kcalとかなりのハイカロリーです。


ですが、その脂質のほとんどは良質の油と言われるオレイン酸(オメガ9系)
悪玉コレステロールを減らす効果や、便秘解消効果があり、
体に脂肪として蓄積しにくい油とされています。


アーモンドに多く含まれる栄養素としては、
ビタミンE、銅、マグネシウム、ビタミンB2などがあります。


ビタミンEには末梢血管を広げる作用があるため冷え性の改善効果と、
高い抗酸化作用があるため、アンチエイジング効果が期待できます。


銅は血液中のヘモグロビンを作るために欠かせない栄養素ですので、
不足すると貧血の原因になります。


マグネシウムは体内酵素を助ける働きと、
神経の興奮を抑制したり、血圧や体温を調整する作用があります。


ビタミンB2には脂質の代謝を促進する作用があり、
有害とされる過酸化脂質を分解する作用があります。
また、皮膚や髪、爪などの再生にも必要な栄養素です。


アーモンドを食べる事による美容や健康に対する効果としては、


悪玉コレステロールの減少、冷え性改善、アンチエイジング、
脂肪の吸収を抑える、貧血予防、リラックス効果、血圧や体温の調整、
美肌、便秘解消、生活習慣病の予防と改善が挙げられます。



井上先生は、こんな本まで出されていますね。





キレイと健康のためのアーモンドの選び方・食べ方


アーモンドはローストと生タイプが存在し、
ローストすると栄養素が破壊される、と言われていますが、


実際にはアーモンドの栄養素で熱に弱いものは少ないので、
ローフードにこだわる方以外は、
どうしても生である必要はないかも知れませんね。


生アーモンドの皮には酵素抑制物質があり、
そのまま食べるとせっかくの酵素を上手く吸収できなくなってしまいます。


酵素抑制物質を取り除くためには、
アーモンドを加熱をするか、皮を取り除く必要があります。

生アーモンドを半日ほど水に漬けておくと、皮は簡単にはがれる上に、
発芽体制に入りるため栄養価が高まるのですが、


ポリフェノールや食物繊維を多く含む皮を取り除いてしまいますので、
生アーモンドを食べる際には、酵素をとるか、栄養価をとるか、
ポリフェノールや食物繊維を取るかによって食べ方が変わってきます。


アーモンドによる美容や健康効果は、毎日継続することで得られるものですので、
手間の少ない素焼きタイプのものの方が良いかも知れませんね。


食べ過ぎが気になる方は食前に食べると満腹感を得られ、
脂質や糖質の吸収を抑える効果が期待できます。


便秘やアンチエイジングを期待する方の場合では、
食後に食べるのがよいそうです。


アーモンドを食べるときの注意点


いくら良質の油とはいえ、アーモンドは脂質が多く高カロリーですので、
食べ過ぎれば当然脂質過多になってしまいます。


1日に食べる量としては20~50g程度が良いですね。
通常の食事をする場合では20g程度、
糖質制限を行っている方で50g程度が良いとされています。


普通の方でだいたい、
一日20粒~25粒が目安になります。


また、アーモンドに含まれるマンガンの摂取量が多すぎると、、
薬の種類によっては効きにくくなることがあります。


便秘薬や抗生物質が効きにくくなってしまうことがある、
ということなので、
通院・服薬している人は、医師、看護師、薬剤師に確認するとよいかもしれません。



スポンサードリンク



アーモンドを食べるだけで若返る?まとめ


良質な必須脂肪酸と


ビタミンE、銅、マグネシウム、ビタミンB2などの
微量栄養素をおいしくとれる
アーモンド。


また不溶性食物繊維が豊富で、整腸効果も期待できます。


生のアーモンドとロースとアーモンドとでは
取れる栄養素が違いますが、


素焼きローストのアーモンドが
手軽でおすすめです。


ただし塩分摂りすぎにならないように、
塩や植物油を使っていないものを選びましょう。


最近はやっているアーモンドミルクでは
不溶性食物繊維は取れませんが、


オレイン酸やビタミンEの効果は得られます。


牛乳代わりに料理に使うこともできます。


アーモンドとペーストにした「アーモンドバター」を
パンに塗ったり和え物に使ってもおいしいですよ。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント