米 睡眠

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

お米を食べると睡眠の質が良くなる?その理由とは?

読了までの目安時間:約 6分

 

米 睡眠の質

お米、パン、麺のどれをよく食べるかで
睡眠の質に違いがある、
という研究が話題になっています。




米、パン、麺で睡眠の質に差は?


睡眠中に分泌される成長ホルモンは
代謝をアップし、
細胞の修復を促す働きがありますので、


ダイエットや美容には、質の良い睡眠をとって
成長ホルモンがスムーズにプンピされるようにすることが
大切です。


金沢医科大学では


日本で食事として食べられる代表的な炭水化物
米、パン、麺類を食べる量と、
睡眠の質の関係を調査しました。


20歳から60歳までの日本人男女1,848名に対して、
自己記入式の質問票を使って


米、パン、麺類の摂取量と睡眠の質を評価しました。


米 睡眠の質

その結果、
の摂取量が多い人ほど「睡眠の質が低い」
された人が少なく、


逆に麺類の摂取量が最も多いグループは
最も少ないグループと比較して、
「睡眠の質が低い」とされた人が80%多かったそうです。



パンを食べる量と睡眠の質には
関連性は見られませんでした。


この調査結果によると、
ごはんを食べている人は
ぐっすり眠っている傾向が高い、


ということになります。


炭水化物を食べると眠りやすくなる


米、パン、麺類には、
トリプトファンという物質が含まれています。


トリプトファンは、脳内で、
精神状態を安定させるセロトニンや
安眠を促すメラトニンに変わる必須アミノ酸で、


肉や魚などにも多く含まれています。


ですが、肉・魚では他のアミノ酸類も一緒に食べることになり、
トリプトファンは他のアミノ酸と競合するために、
脳内に運ばれにくくなります。


炭水化物の場合は、糖質によって血糖値が上がり、
インスリンが分泌されるので、


トリプトファン以外のアミノ酸が
筋肉などで取り込まれやすくなり、


トリプトファンが優先的に
脳に運ばれやすくなります。


ですから、


血糖値が上がりやすい高GI食品の方が、
トリプトファンが脳に運ばれて
セロトニン、メラトニンが作られやすくなり、


質の良い睡眠が得られることになる



と考えられています。


米、パン、麺類の違いは?


米もパンも麺類も、
炭水化物であることに変わりがないのに、
なぜ、


米を食べている人が一番睡眠の質が高くなる


という結果が出たのでしょうか。


金沢医科大学の研究では、
「なぜ」という点については
触れられていません。


質問票に記入した人たちが食べている
米、パン、麺類には


玄米、分搗き米、白米、全粒粉のパン、


などさまざまな種類があり、それも記入してもらっていたそうです。


トリプトファンの100g当たりの含有量で比べると


スパゲッティ・マカロニ 140 mg
そば 120 mg
そうめん 110 mg
食パン 94 mg
玄米 94 mg
白米 83 mg


などとなり、米が一番多いわけではないんです。


またGI値(食後血糖値の上昇度)については、


スパゲッティ・マカロニ 65
そば 54
そうめん 68
食パン 91
玄米 56
白米 84



となっています。


1食当たりどれくらい食べるか、で考えると、

パスタ100g、6枚切り食パン1枚65g、


米100gは炊くと220gのご飯になりますが、
茶碗1膳が160gだとします。


すると1食当たりのトリプトファンの量は


パスタ 140㎎
食パン 61㎎
白米ご飯 60㎎


となりました。


どうも、単純に


ごはんが一番トリプトファンの量が多く、
高いGIだから睡眠の質が上がるんです、


とは言えない感じがします。


麺類をよく食べる人と
ごはんをよく食べる人とで、


他の栄養素の摂り方が違うのかもしれません。


ごはんはいつ食べるのがいいの?


この金沢医科大学の研究について
取り上げている記事はたくさんあるのですが、


研究の結果から


夜寝る前にご飯を食べるとよい


と結論付けているものもありました。


しかし、研究の中では「いつ食べる」
ということは指定されていません。


朝、昼、夜のどこかで1食はご飯にしてみる、
といった感じでよいのではないでしょうか。



スポンサードリンク



お米を食べると睡眠の質が良くなる?その理由とは? まとめ


金沢医科大学の調査では、


お米を食べる人ほど睡眠の質が低い人が少なく
麺類を食べる人ほど睡眠の質が低い人が多い、
またパンは睡眠の質との関連性が見られない、


という結果が出ていますが、


なぜ?


というくわしい仕組みについては
分からないこともあります。


が、1800人以上の人を調べて


ご飯をよく食べている人の方が
よく眠れている、
という結果が出ていますので


今まで、ほとんどご飯を食べないでいた人は
1日に1回はご飯を食べてみるとよいのかもしれません。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント