猫のびストレッチ ダイエット

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

1日2回でOK・猫のびストレッチのダイエット効果とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

猫のびストレッチ

テレビの情報番組でも取り上げれた
猫のびストレッチのやり方、
ダイエット効果って?




猫のびストレッチとは?


猫のびストレッチは、
気功師の丁治紅が考案した
だいえっとのためのストレッチ法です。


1日2セット行うと、
特におなかのポッコリ解消に効果が
あるといいます。


他の運動や、
食事制限は必要ない
とのことですが、どんな効果があるのでしょうか?


猫のびダイエット

猫のびストレッチの効果とは?


猫のびストレッチでは、
ストレッチをしながら、


息を吸うときにお腹を凹ませ、
吐くときに膨らませる、
逆腹式呼吸をします。



逆腹式呼吸は、普通の腹式呼吸とは反対の
やり方で、


息を吸いながらお腹を引っ込めます。


息を吸い込むと横隔膜が下がります、
そこにさらに腹部をへこますことで、
息を吸いながらおなかを膨らますよりも
腹圧がかかります。


その結果、


腎臓の上にある小さな臓器、副腎が刺激されて
代謝を高めるホルモンが分泌されやすくなる
のだそうです。


また、腹圧が高まることで、
腸も刺激されて便秘改善にも効果があります。


お腹をめいっぱいへこませてキープすることでも
インナーマッスルが使われて、
おなかを引き締める効果が出ます。


猫のびストレッチのやり方


1.膝をついてつま先を立てて座ります。
膝と膝の間は握りこぶし2個分開けます。


2.肩を水平に開くように姿勢を正し、
お腹に手を当てて、3~5秒かけてお腹を凹ませながら
鼻から息を吸います。


3.吸いきったら9秒間息を止めます。


4.3~5秒かけてお腹を膨らませながら
息を吐きます。


5.上半身を倒して両手を床につき
四つ這いになります。


手は肩の幅、足は握りこぶし2個分開けます。


6.目線を下に下げ、3~5秒
息を吸いながらお腹を凹ませ、
9秒キープします。


尾てい骨から首筋、首の後ろ、後頭部までを伸ばすことを
意識します。


7.腕を前に出して、
頭から背骨、腰までをまっすぐにして、
あごを床につけます。
(肘から先は床についています)


お尻を突き上げて、肩~腕を伸ばします。
太ももは床に対して垂直。
脇をできるだけ床に近づけて
胸を開きます。


3~5秒かけて息を吐きながらお腹をふくらませ
9秒息を止めてキープします。


座っての呼吸を10セット、
猫のびの姿勢を10セット
1日に2回行います。


猫のびストレッチの注意点


手の指、足の指は開かずにくっつけておきます。


腰を反らせると腰を傷めるので、
腰はまっすぐをキープします。



スポンサードリンク




1日2回でOK・猫のびストレッチのダイエット効果とは? まとめ


猫のびストレッチは、
ヨガの猫のポーズに、
逆腹式呼吸を組み合わせたもので、


お腹引き締め効果や、
全身の代謝アップによるダイエット効果があります。


「林先生の初耳学」で、
1週間でウエストが7.5cm減ったダイエット法として
話題になりました。


だいたい、1週間~9日間くらい続けることで
効果が実感できるそうです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント