作り置きダイエット

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

1年間で26kg痩せた!作りおきダイエットとは?

読了までの目安時間:約 5分

 

作り置きダイエット

from: 小西はるか
@青山のスタバ


料理究家の柳澤英子さんが
1年で、-26キロの減量に成功し、73㎏から47kgになった、
作り置きダイエット、が話題になっています




作り置きダイエットとは?



柳澤英子さんの作りおきおかずによるダイエットのポイントは

1.糖質を控えて血糖値の急上昇を防ぐ

2.酵素を含んだ食品を摂って代謝を助けること

3.水溶性と非水溶性、二種類の食物繊維を摂ること


の3つです。


この3つの条件を満たしていれば、
作り置きおかず
でなくてもよさそうなのですが、


フルタイムで働いている、
さらにワーママで子育てもある、
という忙しい人が、


こういう食事を毎食作るのはとても大変なことですよね。


「作り置きダイエット」では、12種類のおかずを1時間で作れる、
といった時間テクも含んでいるので、
毎回の食事の支度にかかる時間が短くなる、というメリットもあるんです。


しかも、柳澤英子さんが1年間で26kgのダイエットに成功したのは50代になってから。


30代を過ぎると、基礎代謝が下がるので痩せにくくなる、
ということはアラサーの女性でも実感があるところだと思います。
それに女性は更年期以降、女性ホルモンのバランスが変わることでも痩せにくくなります。


その年代で26kg痩せられるというのですからかなり信ぴょう性がありますよね。


ポイント1:糖質を控える


作り置きダイエットは、厳しい糖質制限食ではありませんが、
餃子の皮など、おかずに含まれる糖質はできるだけカットする、という工夫をしています。


糖質を摂ると血糖値が急激に上昇し、糖分を細胞に取り込ませるためにインスリンが分泌されます。
インスリンには血糖値を下げる作用だけでなく、脂肪を蓄えるという働きがあるため、
インスリンが大量に分泌されるほど、太りやすくなると考えられています。

作り置きダイエット

酵素を含む食品を摂って代謝を助ける


タンパク質の一種である酵素には、
人間の体内で作られる酵素と食物に含まれる酵素とがあります。


食物に含まれる酵素には食物を分解して消化を助ける働きがありますので、酵素を多く含む食品を摂ると、
代謝を助けることになります。



酵素を多く含む食べ物は、納豆やヨーグルトなどの発酵食品と、生の野菜や果物。
特に大根、キャベツ、キウイ、アボカド、パイナップルなどです。


大根は魚に、キャベツの千切りは揚げ物に、キウイやパインは肉料理に添えると消化を助けてくれます。


二種類の食物繊維を取る


食物繊維には、水溶性と不溶性の二種類があります。



不溶性食物繊維は便のかさを増し、老廃物を排出させる効果があり、
水溶性食物繊維には、糖質や脂質の吸収を抑制し、腸内環境を改善する、という作用があります。



食物繊維、というとゴボウなどのような「すじ」っぽいもの、
不溶性食物繊維のイメージがありますが、
キノコや海藻に多く含まれる、水溶性食物繊維とバランスよくとることが必要です。



スポンサードリンク



外食の時は?



糖質を控える、酵素を多く含む食品を摂る、水溶性・不溶性食物繊維を摂る、


は外食の時にも当てはめられます。


まず、食べる順序を、


野菜サラダや野菜のおかず→糖質控えめなたんぱく質メインのおかず→ごはんやパン、パスタなどの炭水化物


とします。これは食べる順番ダイエットと同じですね。


そして、大根おろし、生姜、わさび、千切りキャベツなど、酵素を多く含む薬味や野菜をできるだけたくさん食べます。


1年間で26kg痩せた!作り置きダイエットとは? まとめ


作り置きダイエットの考え方は、
ゆるい糖質オフダイエットや、食べる順番ダイエットに近いものですが、


その条件に合うおかずを作り置きすることで、
毎日の食事の支度にかかる時間を短くし、
忙しい人でも続けやすくしています。


外食でもちょっとしたことに気を付けることで
ダイエット向きの食事をすることができますので、


ぜひ参考にしてくださいね!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント