餃子ダイエット やり方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

餃子ダイエットのやり方、成功するコツとは?

読了までの目安時間:約 3分

 

餃子ダイエット

高カロリーなイメージがある餃子ですが、
餃子を食べてダイエットできる方法が
テレビでも話題になっています。



餃子ダイエットとは?


餃子ダイエットとは、
ピューマ渡久地ボクシングジム会長の渡久地聡美さん
が考案したダイエット法。


餃子ダイエットの基本的なやり方は、
1週間の夕食を餃子のみにする
というだけです。



餃子は、炭水化物、たんぱく質、脂質、
野菜のビタミン・ミネラル・食物繊維がバランスよく
含まれており、


材料を細かく切ってあるので、
消化が良いのでエネルギーに変わりやすく
排泄もされやすいため


痩せられる、と言います。


餃子ダイエットの効果は?


渡久地聡美さん自身は餃子ダイエットで
10日間で4kg体重を落としたそうです。


普通は1ヵ月で2kg減らす、というペースでないと
やつれたり、リバウンドが起きたりしますが、


必要な栄養を摂り、食べながら痩せたので、
バストや肌の張りなどは
そのままだとか。


餃子ダイエット やり方

餃子ダイエットのやり方は?


餃子ダイエットのルールは

  • 1週間、夜の食事を餃子だけにする


  • 1食分の餃子は300g


  • 一緒に500mlの水を飲む


  • ビールも1杯までならOK


  • 朝食は100%オレンジジュースとバナナ1本


  • 昼食は暴食しなければ何を食べてもよい

というもの。


毎日餃子、がちょっと飽きるかも、というほかはかなり
緩やかなルールですよね。


餃子1個は20gなので15個程度の餃子が食べられ、
満足感はしっかりあります。



餃子とビールは合いますが、ダイエット中はNG、と思いきや、
なんと1杯なら飲んでもよい、と言います。


ビール酵母はタンパク質を合成して筋肉を作り
結果的に代謝のよい体を作ることができるのだそうです。


アルコールNGの人は
代謝をアップする炭酸水でもOKです。


ダイエットのための餃子レシピ


ダイエット効果をアップするには
餃子は手作りはベターです。


たくさんまとめて作って冷凍して置き
食べるときに焼けば便利ですね。


【材料】

餃子40個分

  • 豚ひき肉 240g

  • にら 200g

  • 長ネギ 40g

  • ヤマイモ 30g

  • 卵黄 小1個分

  • おろしにんにく 1.5g

  • おろししょうが 2g

  • 塩 小さじ1/2弱


  • 片栗粉 小さじ1

  • オイスターソース 大さじ2/3

  • 紹興酒(料理酒でもよい) 大さじ1


【作り方】

1.野菜を刻みしっかり水気を切ります。
ヤマイモはすりおろします。


2.ボウルに、豚ひき肉、卵黄以下のすべてのざ医療を入れて
よくこね、さらに1の野菜を入れてこねます。


4.約15gずつ餃子の皮に包みます。


5.フライパンに分量外の脂を熱して餃子を並べて
中火で2分間焼き、


水1/3カップを入れて蓋をして、5分程度蒸し焼きにして
蓋を取って水分を飛ばして出来上がりです。



市販の餃子や外食でもいいの?


ご紹介したレシピでの手作りがお勧めですが
面倒な人や市販の餃子や、時に外食でも


夜は餃子のみ300g


というルールを守れば餃子ダイエットできます。


市販の冷凍餃子の場合は
代謝をアップする効果がある
パクチー(香菜)をいっしょに食べるとよいそうです。



スポンサードリンク



餃子ダイエットのやり方、成功するコツとは? まとめ


餃子ダイエットは、
朝と夜の食事内容に制約がありますが、


昼は食べ過ぎなければなんでも食べることができますし、


朝も果物の糖分を摂っているので
我慢している感じがなく、続けやすいそうです。


餃子300gにどうしても飽きてしまったら、


餃子を150gにして、
野菜とたんぱく質のおかず150gにして
痩せた


という体験談もありました。


餃子ダイエットはもともとプロボクサーのために
考え出されたもので


食べるものの重量を重視しますので、


少し他の食べ物を取り入れる、
といった場合も、トータルで300gを守るのが
成功するポイントです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント