酢パークリング 便秘 ダイエット

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

飲むだけでダイエット・酢パークリングの作り方、飲み方とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

酢パークリング ダイエット

飲むだけでダイエットや便秘解消に良い、
と話題の酢パークリングの作り方、
効果的な飲み方をご紹介します!




酢パークリングとは?


酢パークリングとは、


炭酸水に酢をプラスしたもの。


順天堂大学総合診療科の
小林弘幸教授が提案しています。


炭酸水には、胃腸を刺激し、
腸の蠕動運動を促して、
便通をよくする作用があります。


酢に含まれる酢酸には
食後の血糖値の上昇をを緩やかにし、
内臓脂肪や皮下脂肪を減らす効果があります。


炭酸水に酢を入れた酢パークリングは
この炭酸水と酢の両方の効果で、


便秘を改善し脂肪を減らして
特に下腹ポッコリを解消することが
期待できます。


酢パークリング

酢パークリングの作り方



500mlの無糖の炭酸水に酢大さじ1杯を入れます。


簡単な作り方は、
500mlのペットボトルに入りの炭酸水に
酢大さじ1杯を入れる、という方法。


酢パークリングは作った分はその日のうちに
飲みきるようにしてください。



酢に含まれる酸が
長い期間にはペットボトルの樹脂を
傷める可能性がありますので、


ペットボトルで作る場合には
1日で飲みきったら、そのペットボトルは
処分したほうがよいでしょう。


炭酸水や酢の種類は?


御通じに良いのは、
ミネラル分の多い硬水の炭酸水です。


スーパーやコンビニで手に入りやすいのは


サンペリグリノ、ウィルキンソン、
ゲロルシュタイナー
など。


酢は、醸造酢の中から好みで選んでOK。


飲みやすいのはリンゴ酢、
コクがあるのは黒酢、


特にミネラルが豊富、とされている
きび酢でもよいですね。


効果的な飲み方は?


酢パークリングは
1回250ml以上飲むのがよく、
1日に飲む量の目安は500mlです。


酢の酸で胃を傷めることもありますので、
飲みすぎも良くないんです。


食事の前に飲むと
食欲が抑えられて食べ過ぎを
防ぐことができ、


入浴前に飲むと
炭酸水の血行促進効果がプラスされるので
代謝が上がりやすくなりますので、


朝、昼、夜の食事前や
入浴前に飲むのがおすすめです。



スポンサードリンク



飲みやすい、ジンジャーエール風酢パークリング


お酢を入れるだけでは飲みにくい、という
人におすすめの、
ジャンジャーエール風のアレンジレシピです。


生姜には血行促進作用がありますので、
ダイエット効果も高まります。


【材料】

生姜 20g

酢(好みのもの)大さじ1/2

炭酸水 250ml

ミント、はちみつ(好みで)


【作り方】

1.生姜を千切りにするかすりおろします。


2.グラスに1と酢を入れ、炭酸水を注ぎます。


3.好みではちみつやミントを入れます。
(なくてもOK)


飲むだけでダイエット・酢パークリングの作り方、飲み方とは? まとめ


1日2杯の酢パークリングで、
便秘解消やダイエット、
酢の疲労回復効果などが期待できます。


作り方は炭酸水に酢を入れるだけなので、
とても簡単ですね。


ぜひ試してみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。