食欲を押させる食べもの

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

食欲コントロール効果がある食べものでパーティ・宴会シーズンを乗り切る!

読了までの目安時間:約 3分

 

食欲を抑える食べもの

秋から冬はパーティや宴会が続きますが、
つい食べ過ぎる、をなくすために
食欲をコントロールできる食べものとは?



大麦、もち麦


大麦にはβ-グルカンという
水溶性食物繊維が豊富です。


β-グルカンには
小腸を刺激して、


食欲を抑制する腸管ホルモンである
GLP-1を増加させ、
食欲を促すグレリンを減少させる



効果があります。


また、糖や脂肪の吸収を抑え、


血糖値の急激な上昇を防いで
インスリンの働きによる
脂肪の蓄積を防ぎます。


朝食にβ-グルカンが豊富な食べ物を
摂ると、


次の食事で、
血糖値の旧上昇を防ぐ
セカンドミール効果があることが


知られていますので、


朝食に大麦入りのグラノーラや
押し麦(大麦を加工したもの)やもち麦入りのご飯
を食べるのがおすすめです。


きのこ・海藻類


きのこや海藻類には
β-グルカンなどの水溶性食物繊維が豊富です。


野菜よりも量を食べることができ、


火どおりが速いので、
みそ汁やスープなどに加えて
手軽に食べることができます。


食事の最初にはきのこ・海藻を食べると
満腹感を得られやすいだけでなく、


糖質・脂質の吸収を抑える作用もあります。

食欲を抑える食べもの

青魚


青魚に含まれる不飽和脂肪酸EPAには、
食物繊維と同様に、


小腸を刺激して
GLP-1の分泌を促す働きがあります。


EPAを多く含むのは


サバ、イワシ、サンマなどの青魚の他、

ブリ、マグロ(トロ)などです。


炭酸水


常温の無糖の炭酸水を500ml程度飲むと
満腹感が得られて食欲が抑制されます。


逆に冷たい炭酸水を150ml程度の少量飲むと
却って食欲が増してしまうので注意。


外食やパーティなどの前に、
常温の炭酸水を飲んでおくと
いいですね。



スポンサードリンク



食欲コントロール効果がある食べものでパーティ・宴会シーズンを乗り切る! まとめ


食欲の秋から続いて、


ハロウィーン、クリスマス、
忘年会、お正月・・・・


11月、12月、1月と
何かと、人が集まったり
外食したりする機会が増えますよね。


いつもと違うシチュエーションや
お酒が入ったりすると、


つい、食べすぎる、


とうことになりがちですが、


ご紹介した食べ物には、
それぞれ、


満腹感をもたらして食欲を
コントロールする作用の他、


糖や脂肪の吸収を抑える効果もありますから


ぜひうまく取り入れてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント