ホットトマトジュースダイエット

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

食べるより簡単で効果大!ホットトマトジュースダイエットとは?

読了までの目安時間:約 4分

 

ホットトマトジュースダイエット

コンビニやスーパーで手軽に買える
トマトジュースを温めて飲むと
ダイエット効果がアップするんです




トマトジュースのダイエット効果


トマトには、植物性ポリフェノールの一種である
リコピンが含まれています。


リコピンにはビタミンEの100倍と言われる強い
抗酸化作用があり、
血糖値を下げる効果もあります。


食事の前にトマトジュースを飲むと、
食事による血糖値の急上昇しにくくなるので、


インスリンの作用で脂肪が蓄積されることを
防いでくれます。


また、京都大学の研究グループによって、
トマトに含まれる13-OXO-ODAという成分に、
中性脂肪を燃焼させる働きがあるということが発見されました。


ホットトマトジュースダイエット


トマトとトマトジュースどちらがダイエット向き?


リコピンの1日の理想的な摂取量は15mgとされています。


15mgのリコピンを
トマトそのものから摂ろうとすると
1日に5、6個食べることが必要ですが、


トマトジュース100mlには
リコピンが10㎎含まれていますので、


トマトジュースなら1日にコップ1杯200mlで
ダイエット効果が期待できます。



また、液体の状態で摂るほうが
リコピンの吸収率は良くなります。


ホットトマトジュースダイエットとは?


さらに、トマトジュースを温めると
トマトの細胞壁が壊れて、
その中にあるリコピンなどの栄養が
より吸収されやすくなります。


リコピンは油と一緒に摂ると
効率的に吸収することができるので、


ホットトマトジュースに、
エキストラバージンオリーブオイルを
小さじ1程度垂らして飲むのがおすすめです。


ダイエットなのに油?


と思うかもしれませんが、


オリーブオイルの主な脂質である
オレイン酸は、胃腸で吸収されにくく、
大腸に届いてお通じをよくする作用があるのです。


ホットトマトジュースの作り方


マグカップに200mlのトマトジュース(無塩)を入れ、
電子レンジ600wで90秒程度温めます。


レンジから取りだしたらオリーブオイル小さじ1を
まぜて飲みます。


塩での味付けはしないほうがいいですが、
ブラックペッパー、生姜などを
チョイ足しして、味に変化を付けるのはOKです。


蒸し生姜http://umamog.jp/?p=5012
をプラスすれば、代謝を揚げる効果がよりアップします。



スポンサードリンク



いつ飲むのがいいの?


リコピンの吸収率は、
朝が最も高いとされていますので、


ホットトマトジュースは朝食前に飲むのが
おすすめです。


食べるより簡単で効果大!ホットトマトジュースダイエットとは? まとめ


ホットトマトジュースは、


100gあたりで、
生のトマトの3倍以上リコピンが含まれている
トマトジュースを


温めることでよりリコピンの吸収率を上げる
方法です。


リコピンと相性が良い
エキストラバージンオリーブオイルをプラスするの
がおすすめです。


トマトジュースはいつでも手ごろな
お値段で手に入りますので、
試してみてください!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント